ピクルスからスムージーまで!ラディッシュのレシピ20選

赤くてかわいらしいラディッシュ。彩りに使うだけという方も多いのでは?でもじつは、マリネや浅漬け、炒めものにスムージーなどあらゆる料理に使えるんですよ。葉の部分だっておいしく食べられます。今回は、そんなラディッシュのレシピを20選ご紹介!

ラディッシュをもっと活用しよう

色あざやかなラディッシュ(二十日大根)。おしゃれな食卓には欠かせない食材ですよね。でもひと束単位で売られていることが多いので、もてあましてしまいがち。「サラダの彩りに使いたかっただけなのに、残りはどうしよう……」なんてお悩みの方も多いのではないでしょうか。

でもじつは、ラディッシュって使い道がたくさんあるのです。定番のサラダはもちろん、ピクルスや浅漬けにする方法もありますよ。また、炒め物などの加熱調理にも適しているのです。

今回はラディッシュを用いたレシピを20選しましたので、参考にしてみてくださいね。

ラディッシュのおすすめレシピ20選

本格派!ラディッシュのピクルス

ラディッシュは葉を切り落とし、塩もみしてひと晩おいておきます。小鍋にピクルス液の材料をすべて加え、砂糖が溶けるまでかきまぜながら弱火にかけます。保存瓶にラディッシュを水切りしていれ、冷ましたピクルス液を注ぎ込み、涼しい場所に保管します。3日ほど経つと、おいしいピクルスができあがりますよ。

簡単ラディッシュの浅漬け

ラディッシュは2mmほどのうす切りにして、食品保存用ビニール袋にいれます。少量の塩をふって塩もみします。お酢と砂糖を合わせた調味液に、塩もみしたラディッシュ、細かく切った昆布を漬け込んで、少し寝かせたらできあがり。

バターディップド・ラディッシュ

バターは、冷蔵庫から出してやわらかくしておきます。ラディッシュは葉の部分を2cmほど残して切り落とし、よく洗って、ペーパータオルで水気を拭いておきます。バターを深い小皿に盛り、ラディッシュの下半分にまんべんなくバターをつけます。クッキングペーパーなどの上に置いて、塩をふり、冷蔵庫で15分ほど冷やしたら完成です。

ラディッシュの梅酒マリネ

梅酒のさわやかな甘みがラディッシュにぴったり!梅酒やお酢、醤油や塩などの調味料を合わせてマリネ液にします。ラディッシュと葉を切りわけ、葉の部分は2cmほどにカットしておきます。玉ねぎはうすくスライスし、ミニトマトには楊枝で数カ所穴をあけます。食材をすべて、フライパンで炒めたらマリネ液に30分ほど漬けたら完成。

翌日まで漬けると、マリネ液がピンク色に色づいてかわいらしい見た目になりますよ。

アスパラとラディッシュのかさ増し冷製パスタ

アスパラは斜め切り、ラディッシュはうす切り、大葉は千切りにしておきます。ブロッコリースプラウトは軸を切っておき、梅はつぶして梅肉にします。お鍋にお湯をたっぷりわかし、オリーブオイル少々、塩大さじ1を加えてパスタを茹でます。

パスタが少しやわらかくなったら、アスパラも一緒に茹でます。茹で上がったらザルにあげて、粗熱をとってボウルに入れ、大葉・梅肉以外の材料を加えて和え、お皿に盛りつけます。仕上げに刻んだ大葉を散らし、梅肉を添えて完成です。

ラディッシュとミニトマトの簡単トースト

食パンにバターを塗り、とろけるチーズをのせてスライスしたラディッシュを並べます。スライスしたミニトマト、塩茹でしたスナップエンドウを並べ、ディルを散らします。オリーブオイルをかけて、トースターで3分焼いたあと、あら挽き胡椒をかけます。焼き上がったら付け合せにリンゴを添えて、お好みのドレッシングをかけて完成です。

ラディッシュの葉の炒め物

特集

SPECIAL CONTENTS