プチプチ新食感!「アイスプラント」の活用レシピ15選

ここ数年でスーパーにも出回るようになった新野菜の「アイスプラント」。プチプチした歯触りと塩味が特徴のアイスプラントは、生でも調理しても使える便利な野菜なんですよ。そんなアイスプラントを使ったレシピを豊富に紹介します。

新野菜「アイスプラント」とは?

「アイスプラント」という野菜をご存知ですか?

アイスプラントは、ハマミズナ科メセンブリアンテマ属の野菜で、原産地はヨーロッパ、西アジア、アフリカです。塩水の中でも栽培ができる耐塩性植物で、フランス料理によく使われる野菜ですが、近年日本でも栽培され、出回るようになりました。

アイスプラントは表面につぶつぶ状の細胞があり、これは塩を隔離するためのもので、見た目が凍ったように見えるところから「アイスプラント」と呼ばれるようになりました。味は塩味で、プチプチとした歯ごたえのある食感です。

アイスプラントの栄養と効能

アイスプラントにはカリウム、マグネシウムなどのミネラル、ビタミンを含み、βカロチンはレタスの約3倍以上、ブロッコリーとほぼ同じ量を含んでいます。また、ミオイノシトールとピニトールという成分を含み、血糖値を下げ、生活習慣病や老化防止、抗酸化作用、白内障防止などの効果が期待されます。

アイスプラントの食べ方

アイスプラントは、プチプチした歯ごたえがあるので、生でサラダに使うのがおすすめです。味は、クセがほとんどなく、塩味があるので、調味料などは控え目でも十分おいしく食べられます。

また、ピザやパスタのトッピングにも適しています。もちろん、茹でて食べてもその食感は十分楽しめます。同じアイスプラントでも、栽培の仕方により塩味に多少の違いがあるので、別の産地のものを食べ比べてみるとおもしろいですよ。

アイスプラントは、ソルトリーフ、プッチーナ、シオーナ、バラフ、クリスタルリーフとも呼ばれています。11月から6月ごろに全国に出回ります。

アイスプラントを使ったおすすめレシピ15選

アイスプラントのサラダ

アイスプラントを適当にちぎり、ツナ、かつお節、マヨネーズ、醤油、胡椒で味をつければできあがり。

アイスプラントのシャキシャキ感を生かしたサラダで、時短メニューの代表です。おつまみにもぴったりですよ。

ITEM

いなば ライトツナスーパーノンオイル

内容量:70g×3缶

¥321〜 ※2018年7月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

カナッペ風〜アイスプラント&アボカド

ホットケーキミックス、卵、牛乳、砂糖、茹でたアイスプラントを混ぜ、生地を作り、フライパンで焼きます。アボカド、マヨネーズ、めんつゆを合わせてソースをのせ、トッピングとしてトマトをのせればできあがりです。

とっても簡単ですよね!見栄えもおしゃれなのでパーティメニューとしてもおすすめです。

アイスプラントと平茸の天ぷら

アイスプラントと平茸は食べやすい大きさに手で裂き、氷水にさっとつけましょう。ビニール袋に薄力粉と片栗粉を入れ混ぜ、アイスプラントを入れ粉をつけます。175〜180℃の油でカリッと揚げ、平茸も同様にし油で揚げてください。水分を多く含む野菜なので、しっかりと粉をつけて揚げましょう。

お好みでレモンを絞って食べれば、さらに爽やかな風味が楽しめますよ。

ITEM

国産 舞茸

内容量:1パック〜

¥255〜 ※2018年7月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

アイスプラントのおひたし

特集

SPECIAL CONTENTS