レモンうどんのレシピまとめ

1.お疲れさんにクエン酸たっぷりな冷やしうどん

レモンはビタミンCだけでなく、疲労回復にも効果があるクエン酸も含んでいます。疲れた体に酸味パワーが沁みわたりますよ。トッピングには、レモンのほかにネギや水菜、コラーゲンたっぷりな鶏皮の唐揚げをチョイスし、美肌効果も期待できます。

2.レモンとおろしのWさっぱりな冷やしうどん

麺つゆにレモンを絞り、茹でたうどんを入れます。そこにレモンと大根おろし、薬味をのせて完成です。レモンの酸味と大根おろしのさっぱりさが、見事にマッチしたひと品!パパッと作ることができるので、料理するのが億劫な日にもぴったりですね。

3.鶏塩レモンうどん

鍋に、水と顆粒の鶏がらスープ、おろしニンニクなどの材料を入れて、ひと煮立ちさせたらスープの完成。塩こしょうで味をととのえて、お好みでごま油を回しかけてください。トッピングはレモンの輪切りに、パプリカ、鶏ハムで、とってもボリューミーかつ色合いもきれいですね。スープを冷蔵庫で冷やしてもおいしいですよ。

4.鍋料理の食材としてトッピング

いつもの鍋料理の食材と一緒に、薄切りレモンを入れちゃいました。冬に定番の鍋料理ですが、レモンのさっぱりとした味わいで夏仕様になります。汗かきながらたくさん食べて、体もリフレッシュさせてみませんか?

5.ナンプラーで味付けした豚肉をプラス

甘辛く味付けしたお肉を、ナンプラーでアジアンチックな風味にしています。仕上げはレモンでさっぱりと!スタミナもあって、暑い日のお昼にぴったりです。これなら、食欲が落ちてしまってもしっかりと食べられそうですね。

6.レモン汁&レモンバームで爽やかさMAX

水を張った器にうどんを入れて、レモンとレモンバームを浮かべ、とっても涼し気な手延べうどん。水にはレモン汁も少々入っているので、香りだけでなく、ほんのり酸味も加わっています。つけダレにもレモン汁が入っているので、さっぱりといただけますよ。夏の暑さも吹きとばせそうです。すり鉢ですった胡麻も加えれば、風味も増してさらに奥深い味わいになりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS