連載

赤ちゃんとお出かけ!外出時の離乳食のルールとは

家族でお出かけする機会も増える夏。お出かけ先で赤ちゃんには何を食べさせるといいのでしょうか?持ち歩きや外食での離乳食には、ちょっとしたルールがあります。安全に安心して食べさせるための離乳食のポイントをお伝えします。

2017年5月28日 更新

赤ちゃんとお出かけの多い季節

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。気温がじわじわと上がり、これから夏本番の暑さを向かえます。この季節、赤ちゃんと一緒にお出かけする機会も多くなると思います。
赤ちゃんがいるご家庭では、外出するとき「赤ちゃんの離乳食はどうしよう?」と悩まれることもあるのではないでしょうか。
今回は、夏に向けてお出かけする際の離乳食のポイントをお話ししたいと思います。

手作り離乳食をお弁当にするときは

手作りの離乳食をお弁当にして持っていきたいとき、気をつけたいのが食中毒です。

食中毒の菌は25度~45度くらいの温度帯で増殖、繁殖するといわれます。特に気温が高くなってくるこの時期に離乳食をお弁当で持って行く場合、次のポイントに注意してください。

朝作ったできたて離乳食をお弁当に入れる

作り置きしたものではなく、作りたての離乳食を持っていくのが安心です。お弁当に入れたら、きちんと冷ましてからフタを閉めましょう。

保冷バッグで冷やしながら保存する

よく冷えた保冷剤を入れた保冷バッグで持ち歩くようにしましょう。10度以下になると菌の活動がゆっくりになり、増殖のスピードも抑えられるといわれています。
1 / 4

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

離乳食インストラクター協会

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう