『ZIP!』で紹介されたレインボーケーキって?気になるレシピも掲載中!

アメリカではすでに人気を博しており、朝の情報番組『ZIP!』でも紹介され、注目を浴びつつある「レインボーケーキ」。カラフルな色使いとポップな雰囲気が魅力のケーキです。そんなレインボーケーキの作り方や、東京で食べられるお店をまとめてご紹介します!

2020年3月9日 更新

ライター : チョビ子

おいしいスイーツとアジアンフードと愛犬、ついでに夫を愛する新人ライター チョビ子です。お店で食べたおいしい料理を自宅で再現することにハマっています。 でも、再現しきれていな…もっとみる

インパクト抜群の「レインボーケーキ」

Photo by Snapmart

虹って、しょっちゅう見ることができないからこそ、たまに見ると幸せが訪れるなんて言いますよね。空に大きな虹がかかっていたら、思わず携帯のカメラで撮影してしまう方が多いと思います。 普段滅多に見られない虹だからこそ、身近に感じたいという思いからか、アメリカでは「レインボーケーキ」というスイーツが流行っています。 どんなものかというと、写真のとおり、ケーキで虹色を再現し、とってもポップに仕上げたもの。この、とってもかわいいケーキが、いま日本でも流行の兆しを見せています。

ポップでかわいい「レインボーケーキ」

SNSにあげたくなるレインボーケーキ

Photo by Snapmart

日本でも、すでに販売されているレインボーケーキ。お店で見かけたら、ついつい撮影。そしてSNSにアップしちゃいたくなります。 上の写真は、韓国の人気カフェ「ドレドレ」の名物レインボーケーキ。現地はもとより、日本のスイーツファンの間でも大人気なんですよ。

カットされたものがおさらにのっている画像も、とても見栄えがしてきれいですよね。これは撮影したくなります。

やはり見た目が美しいですから、InstagramやTwitterなどでも、ついつい目がいってしまいます。切る前はとてもシンプルなケーキですから、何も知らずにカットしたら驚きますよね。ぜひとも、パーティーなどで出したいケーキです。

お台場「コバラ-ヘッタ お台場ヴィーナスフォート」で食べられる!

850円(税抜)
日本でレインボーケーキが食べられるのは、お台場にある「コバラ-ヘッタ お台場ヴィーナスフォート店」です。6色に別れたクリームは、パステルカラー。かわいらしいカラフルゼリーも添えられています。 レインボーケーキのほかにも、さまざまなケーキが食べられるので、スイーツ好きのひとと誘い合わせて、訪れてみてくださいね。フレンチのお店なので、ランチやディナーなどケーキ以外のメニューも充実。噴水のあるテラス席など、お店のインテリアも素敵です。

店舗情報

レインボケーキの作り方

原宿まで行くのは遠いし、自分で作れないかな……と思っている方。レインボーケーキは、アメリカでは家庭で自作されるのが一般的なんです!そこで、レインボーケーキに挑戦してみたいという方に向けて、簡単なレシピをご紹介します。 まずはスポンジケーキを作るのですが、プレーンの生地ができたら6つに分け、赤、黄色、緑、青、紫の着色料で色をつけます。オレンジの生地は、赤と黄色を混ぜて作りましょう。その生地を焼いてから、表面が平らになるように、同じ厚さでカットします。 あとは生地を重ねていくだけなのですが、間に生クリームを塗ることで、より美しく仕上がりますよ。赤まで重ねたら、表面も生クリームを塗って完成です。

NYから火がついたレインボーフード

レインボーベーグルがきっかけに

アメリカでは、すでに人気が定着しているレインボーケーキですが、この度、そのレインボーケーキにインスパイアされた、「レインボーフード」が続々登場しています。 人気に火をつけたのは、ベーグル店「ザ・ベーグル・ストア」のレインボーベーグル。はっきりとした、ネオンカラーのレインボーベーグルは、見たひとの心をわしづかみにして、たちまち人気メニューになりました。
実は、このレインボーベーグル、なんと店主のスコットさんが20年も前から作り続けているそうで、最近になって急に人気がで始めたとのこと。 ベーグルの中には、クリームがたっぷり。そのクリームにも色がついていたりして、さすがアメリカ!といったところでしょうか。たまにはこういうものが、食べたくなるときもありますよね。

特集

FEATURE CONTENTS