ローディング中

Loading...

たくさんの種類があるチーズですが、今回は「グラナパダーノ」をご紹介します。色々な食べ方ができるので、これを使ったレシピを覚えておくと便利かも。トッピングとしてはもちろん、メインの素材として使うこともできますよ!

グラナパダーノってどんなチーズ?

私たちの食卓にも登場機会の多いチーズ。調味料のように使うこともあれば、それ自体をおつまみやおやつとして食べることもあり、デザートとして食べることもあり……。チーズとひと言で言っても、その種類は大変豊富です。そのなかでも、今回は「グラナパダーノ」についてご紹介します。

「グラナパダーノ」という名前は初めて聞く方も多いかもしれませんが、実はパスタ屋さんなどで出てくる粉チーズが、このグラナパダーノであることが多いのです。もともとは非常に硬いチーズなので、粉状にしたり、スライスしていただくことがほとんどです。

料理の味を消してしまわない、優しい味なのが特徴。下で詳しく触れますが、同じくトッピングに使われることの多いパルミジャーノ・レッジャーノと比べて塩気が少ないため、マイルドな味わいなんですよ。

名前の由来は?

グラナとは「粒状」、ダーノは「ポー川周辺の平地」を意味します。ぽろぽろと細かくなることと、イタリア北部のエミリア・ロマーニャ州、ピエモンテ州、ロンバルディア州など、ポー川の流域で生産されていることからこのような名前になったのですね。

グラナパダーノは、1135年にイタリアのキアラヴァッレという地方の修道院で、余った牛乳の保存方法として考え出されたものだというのが最も有力な説とされています。

実はパルミジャーノ・レッジャーノも昔はグラナパダーノと呼ばれていました。しかし製法や飼料などの一部の違いから、パルジャミーノ・レッジャーノとは別のチーズとして法律で分類されたのです。1996年にDOP(保護指定原産地表示)を取得して、グラナパダーノの品質は厳しく管理されています。

パルミジャーノ・レッジャーノとの違い

どちらも牛乳を原料としていることは言うまでもないかと思いますが、以下のような違いによって味に変化がうまれているのだそうです。

1.熟成期間

平均して18~24ヶ月以上熟成させるパルミジャーノ・レッジャーノに比べて、グラナパダーノは最低9カ月~16ヶ月程度と、期間が短いのです。熟成期間が短いと塩分濃度が低めになるため、お料理に使いやすいマイルドな味わいになります。また大量に生産できるので、お値段はややお手頃です。

20ヶ月以上たったグラナパダーノは風味が増して意外にも洋ナシやバニラに合うそうで、ドルチェにも使われるそうです。

2.飼料

グラナパダーノ用の飼料は、牧草や干し草、わら、サイレージ(青刈りした作物をサイロに詰め、乳酸発酵させた飼料)、その他の穀物や植物をベースにしています。これは非常に一般的かつ伝統的な植物性主体の飼料なんですよ。

一方のパルミジャーノにおいては、サイロで保存したサイレージは保存中に発酵による微生物が発生するためにチーズの風味に影響を与えるとして、その使用が禁じられています。

3.脂肪分

パルミジャーノ・レッジャーノは、搾りたての牛乳と一晩置いて脂肪分の一部を分離させた牛乳とを混ぜて作ります。一方でグラナパダーノは、朝夕2回搾乳した牛乳を5~7時間休ませた後、分離した脂肪分を取り除いた牛乳を用いるのです。

こうすることで、結果としてグラナパダーノの方が脂肪分が抜け、指で簡単に砕けるポロポロとした独特な感触になるようです。

グラナパダーノのおすすめの食べ方はこれ!

パスタにかけて

グラナパダーノはパルミジャーノ・レッジャーノより塩分と香りが控えめなので、パスタにたっぷりと使っても大丈夫です。特にトマトソースとの相性は抜群で、チーズ好きにはたまりませんね。ただし、魚介系のパスタにはチーズを使わないのがイタリア料理のセオリーのようです。

ミートソースはもちろん、ベーコンとズッキーニのトマトスパゲッティや茄子のアラビアータ、カルボナーラにもいいですね。

お米「を」いれて絶品リゾット

パスタと並んでリゾットとの相性は抜群ですね。グラナパダーノを使う時は、ごはんの中に入れるのではなく、ごはん「を」入れるのがおいしい食べ方のよう!

大きなグラナパダーノをくり抜いて、その中で仕上げるリゾットは正に醍醐味です。ほどよい塩かげんがリゾットにぴったりです!

そのままおつまみにも

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

チーズ

デリ&カフェ「PULP Deli&Cafe」に、チーズ専門店「CHEESE STAND」とコラボレーションしたアイスクリーム『ミルキーチーズ あまおう』が登場!さくさく食感のワッフルとクリーミーなチー…

レシピ 納豆 チーズ ランチ うどん まとめ

釜玉うどんを作るのは少し面倒なのでは……そう思う人も少なくないでしょう。それでも、普通のうどんを作るときにひと手間かけるだけで、おいしい釜玉うどんができあがります。今回はそんな人気の釜玉うどんのレシピを紹介し…

チーズ レシピ おつまみ まとめ

旬を過ぎてもおいしいのがなすのいいところ。特になすとチーズの相性は最高!一緒に焼くだけで、なすにチーズが絡んで絶品のひと品に大変身。ここでは、なす、チーズにベーコン&トマトの黄金レシピや電子レンジを使った簡単…

チーズ

青カビ特有の風味が印象的なブルーチーズですが、そもそもどうして「カビ」なのに食べられるのでしょうか?今回は、ブルーチーズの青カビが食べられる理由や、カビが増えた際の対処法などをご紹介!賢くおいしく、ブルーチー…

ピザ チーズ 渋谷

渋谷にあるダイニングバー「アンタイトル(UNTITLED)」をご存知でしょうか。とってもシックで落ち着いた雰囲気のバーです。そこで食べられる裏メニューが話題になっているんです。今回はメニューにないシカゴピザに…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ フルーツ まとめ

デトックスウォーターとは、ミネラルウォーターに果物や野菜のエキスを加えたドリンク。今回は、デトックスウォーターの効能や人気レシピ、残ったフルーツの活用方法などをまとめてご紹介します。お好きな食材を使って、ご自…

レシピ まとめ

最近、生春巻きの皮(=ライスペーパー)で色々な具材を包んで皆でワイワイ食べる「ライスペーパーティー」が人気なのだとか!どうせなら美味しく楽しくホームパーティーしたいですよね♡ 巻くだけの簡単アレンジや技アリレ…

レシピ お弁当 まとめ

小さいけれど、栄養満点の食材「うずらの卵」。今回は、お弁当やおつまみにおすすめの人気レシピをいくつか厳選してご紹介します。お弁当にかわいいアレンジグッズを活用すれば、見るだけでワクワクするおかずになりますよ!…

レシピ 豆腐 まとめ

つるんとおいしい冷奴。実は少しの工夫で食べ応え十分な、メインのおかずになります。オリーブオイルをかけた洋風なものから定番の和風、韓国風まで、今回はバリエーション豊富なレシピを30選!どれも簡単な時短レシピなの…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/

ページTOPに戻る