ライター : noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われます^^;

みんな大好きパスタ料理

パスタ料理はイタリアンの定番であり、日本にもすっかり定着していますよね。お店で食べる機会もあるし、おうちでパスタを茹でて作るという方も多いと思います。 最近は、パスタソースもさまざまな種類が販売され、レトルトでも有名店のものが出ていたりして、手軽に本格的な味が自宅で楽しめたりします。もちろん自分でソースを作ったり、具を炒めたりしてパスタを作る方もいらっしゃるはず。 しかし、パスタを作るとなると、茹でる用の鍋とパスタソースを作る鍋と……と、分けて作業しないといけないのが、ちょっと手間ですよね。できれば洗うものは少なめに、シンプルにいきたいもの。そう考えてはいませんか? そこで、おすすめしたいのが「ワンパンパスタ」なんです。

「ワンパン」とは?

ワンパンとは、英語で書くと“One Pan”で、ひとつの鍋(フライパン)ということ。つまり鍋ひとつあれば、それだけですべて作れてしまう、便利な料理なんです。海外では、洗いものも少なくて楽ちん!と話題になっており、いろいろな料理が考案され、その波が日本にもやってきたというわけです。 今回は、お昼の人気情報番組『ヒルナンデス』で紹介された、ワンパンパスタのレシピをご紹介します。ランチやおもてなしにも使えちゃいますよ。

ヒルナンデス紹介「ワンパンパスタ」のレシピ

ナポリタン

フライパンに水、オリーブオイル、塩を入れて熱し、半分に折ったパスタ、ソーセージ、玉ねぎ、ピーマンを入れて、中火で茹でましょう。茹であがったらケチャップとバター、コショウを少し加えて、味をととのえれば完成です。 なお、パスタは8分間の茹で時間のものを選んでくださいね。 むかし懐かしいナポリタンですが、最近人気が復活してきているようです。あなたもぜひ、古きよき日本の味を堪能してみては?

カルボナーラ

フライパンにオリーブオイルと塩を入れて熱し、ふたつに折ったパスタと、食べやすくカットしたベーコン、アスパラなどを入れて中火で茹でます。仕上げに、卵黄と牛乳、粉チーズを入れてすばやくかき混ぜれば、できあがり。 こちらも、あっという間に作れてしまうすぐれものレシピです。パスタはナポリタンと同じく、8分間茹でるものを使用しましょう。カルボナーラは、女性は特に好きな人が多いのではないでしょうか?トロッとした濃厚な味わいが、家で簡単にできますよ。

ペペロンチーノ

フライパンにオリーブオイルと塩を入れて熱し、ふたつに折ったパスタ(ゆで時間8分用)と唐辛子(鷹の爪)、にんにくのスライス、しめじなどを入れて火をとおします。茹であがったら、にんにくのスライスとオリーブオイルを加えて、塩とコショウで味をととのえればOK。 唐辛子のピリッとした辛さと、にんにくの風味がたまらなくおいしい、シンプルイズベストのペペロンチーノ。イタリアの家庭料理の代表でもありますね。

ミートソース

フライパンに、水と無塩のトマトジュース、オリーブオイル、塩を入れて熱し、ふたつ折りのパスタ(ゆで時間8分用)と合ひき肉、みじん切りの玉ねぎ、にんにく、固形のブイヨン(コンソメ)を入れます。粉チーズを最後に入れてなじませ、お好みでパセリをトッピングしてどうぞ。 日本でのパスタ文化は、このミートソースから始まったといって過言ではありませんよね。トマトジュースを使えば、時短料理なのに味に濃厚さをプラスすることができます。とてもワンパンで作ったとは思えない出来映えに、きっと驚きますよ。
ではここからは、ネットでみなさんが投稿されている、ワンパンパスタのアイデアレシピを紹介します。

特集

FEATURE CONTENTS