ローディング中

Loading...

端午の節句などで食べる風習のある「ちまき」。実はこのちまき、日本とほかの国では形も味も違うのをご存知ですか?今回はちまきの歴史や、どうしてこどもの日に食べるのかなどを調査してみました。これを読めば、明日からちまきについて語りたくなりますよ!

ちまきって何?

みなさんは「ちまき(粽)」を食べたことがありますか?ちまきとは、お餅またはもち米を三角形または円錐形に作り、笹の葉で包んでイグサなどで縛った食べもののこと。作ったちまきは笹の葉ごと加熱して、葉の部分をむきながら食べます。味つけはしていないので、笹の香りがついたおにぎりを食べているような味ですよね。

ちまき(粽)の歴史と由来

日本でのちまきは、平安時代の承平年間からすでに存在していました。ただ、日本独自で作り上げたものではなく、中国から伝わったという説が有力です。中国に存在していた政治家であり詩人であった人が5月5日に亡くなり、命日の供養のために彼を慕っていた人々が悪い龍に盗まれないよう供物を葉に巻いて用いたのが現在のちまきの原型といわれています。

ちまきはもともと、もち米を葉で包み、灰汁の中で煮込むという製法でした。これは、灰汁が持つ殺菌力や防腐作用がもち米の保存に適しており、江戸時代の戦が盛んに行われていたころ、武士が携帯して食べる食料として用いられていたからと言われています。

その後、ちまきは日本の各地で改良され、現在ではお餅の中にあんこを包んだり、お餅そのものの素材が変わったりと、主に和菓子へと変化。灰汁で煮込んだちまきは、匂いや風味で好き嫌いが分かれるので時代とともに廃れていきました。

ちまきという名前が付いた由来は、もち米を包む葉の種類から来ており、今のちまきはササに包むのが主流でしたが、昔は「チガヤ」というイネ科の葉で包まれており、「チ」ガヤで「巻く」食べ物ということから、ちまきと呼ばれるようになったといわれています。

こどもの日は、ちまきを食べる

では、「子供の日」になぜちまきを食べるのでしょうか?
童謡の「背くらべ」の中に、「柱のきずはおととしの 5月5日の背くらべ ちまき食べたべ兄さんが~」とあるように、5月5日の端午の節句(こどもの日)には、ちまきを食べる風習が日本にはあります。

この習慣はもともと中国から伝来したもので、今から2000年以上前に、中国に「屈原」という詩人がいたことから始まります。屈原は詩人でありながら、有能な政治家としての顔もあり、国王の側近として仕え、彼の愛国心は人々の心を動かし慕われていました。しかし、陰謀があり屈原は失脚、国を追われ最後は川に身投げをして死んでしまいます。彼が亡くなった日が5月5日なのです。

彼の死を悲しみ嘆く人々は命日に供物を投げて供養をするも、供物は屈原の元に届く前に龍に食べられてしまいます。そこで人々は、屈原へ供物を届けようと、龍が苦手にする「れんじゅ」と呼ばれる葉で供物を包み、邪気を払うとされる5色の糸で縛ってから投げたところ、無事に屈原に供物が届いたと伝えられています。これがちまきが始まった由来とされていて、5月5日はちまきを作り、災いを除けるという風習が中国から日本に伝来しました。

ちまきが5月に食べられる理由としてもう一説あるのが、旧暦の5月は、ちょうど暑さが始まる時期だということ。病気にかかる人が増えるということから、ちまきを食べて無病息災を祈願するというのも始まりと言われています。

日本と台湾と中国のちまきの違いとは

日本のちまき

日本のちまきは、主にお餅やもち米をササの葉で包んだものが一般的です。中のお餅は味がないので、砂糖やきなこを付けて食べます。かつてちまきは毒蛇とも例えられていて、ちまきを食べると悪い病気にもならず、災難も除けられると考えられたという説もあります。

台湾のちまき

台湾のちまきは、北側と南側で少し違い、それぞれ「北部粽」、「南部粽」と呼ばれています。どちらも生米を水に浸してから具を混ぜ調味、竹の皮に包んで蒸すという手順です。見た目はほぼ同じですが、使っている具材と調味料、そして製法がが少しずつ違います。まず、北部粽の方は米を五香粉、コショウ、醤油を加え加熱。火が通ったら、肉などと一緒に竹の皮につつみ蒸します。南部粽の方は、水に浸した米に肉や野菜などの具材を混ぜこみ、竹の皮で包んでお鍋で煮ます。台湾ではちまきを食べ、ドラゴンボートレースを観戦するのが端午の節句の過ごし方です。

中国のちまき

中国のちまきは、水に浸して水分を吸わせたもち米を葦の葉で包み加熱する方法が一般的な作り方です。もち米と一緒に包む具材としては、味付け肉や塩漬け卵、なつめや栗などがあります。小豆餡を入れた甘いちまきもあり、豪華なものではアワビやチャーシュー入りも。中国は屈原が亡くなった際の供養として川に投げたという言い伝えが今でも人々に伝来され、日本と同様端午の節句にちまきが食べられています。

横浜中華街の隠れ家中華料理「ちまき屋」

おいしい中華料理を求めて各地から訪れる人で毎日にぎわう横浜中華街。その中華街のメインストリートから少し路地に入った場所に、「ちまき屋」という台湾ちまきのお店があるのをご存知ですか?

お店の外観はプレハブ小屋のようで看板も小さく見逃してしまいそう。ただ、開店する30分前にはメインストリートに看板が出ますので、それを目安にお店を目指してください。このお店は持ち帰りがメインです。お店の中では食べられませんが、ちまきの種類に「できたて」「冷凍」「冷蔵」の3つがありますので、できたてを注文すると、食べ歩きも可能ですよ。開店の30分前から並べて、人気のお店で売り切れも早いですので、早めに並ぶことをおすすめします。

「ちまき屋」名物あつあつのちまき

ちまき屋で「できたて」と注文すると出てくるあつあつのちまき。台湾の家庭料理、お母さんの味を再現したちまきの中身は丁寧に調理された角煮、干し海老、しいたけ、ピーナッツがゴロっと入っています。ひとつのちまきは一般的なおにぎりの1.5倍!米と具のボリュームがバランスよく、ひとつ食べたら大満足です。お値段は1個470円です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

脂肪の少ないランプ肉は、赤身肉の人気部位です。ヒレ肉よりやや手頃で、上手に焼くと柔らかくなりクセが無いので人気があります。ランプ肉について詳しく学び、美味しい焼き方をマスターしてランプ肉をお家で気軽に焼いてみ…

カニ レシピ

カニ味噌とはカニの脳みそなのでしょうか?今回はカニ味噌の意味や食べ方をご紹介。おいしいカニの見分け方や、カニ味噌におすすすめのカニの種類まで、カニ味噌情報満載です。知らなかったカニ味噌についてたっぷり説明しま…

レシピ まとめ おしゃれ スイーツ おやつ クッキー ケーキ おにぎり パン

コロコロかわいい「どんぐり風レシピ」で食卓を秋色に染めませんか?今回はどんぐりモチーフのスイーツやおかずの作り方、おにぎりのどんぐり風アレンジレシピまで幅広くご紹介!コロコロかわいい姿に、あなたもはまってしま…

うどん レシピ まとめ

おつゆにとろみのついたあんかけうどんは、体の芯から温まりますよね。寒くなると食べたくなるレシピのひとつではないでしょうか。今回は、卵入りや野菜メインなど、バリエーション豊富なあんかけうどんの作り方を20件ご紹…

レシピ

生姜たっぷりの身体ぽっかぽかレシピ、「生姜ご飯」をご存じですか?生姜は女性にも嬉しい効能がたっぷり。このレシピ、風味が良く白米変わりにバクバク食べられるおいしさなんです。生姜チューブを使ったり、簡単に作るコツ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食べ歩き 秋葉原 ケバブ まとめ

萌えと電気の街、秋葉原。電化製品が安かったり、物色してるだけで色々と楽しめる街ですが、実は食べ歩きするのにも楽しい街なんです!今回はそんな秋葉原の食べ歩きグルメをまとめてご紹介!

群馬 お土産 まとめ

群馬県で購入するおすすめのお土産をご紹介します。おつまみにピッタリの名産品であるこんにゃく、全国的にも有名な人気ラスク、見た目がかわいい大福やお菓子などセンス抜群のお土産がずらり!素晴らしい自然や温泉でゆった…

コーヒー まとめ

コーヒー好きの人ならばお家で美味しいコーヒー飲みたいですよね?そんな時には美味しいコーヒー豆をお取り寄せするのはいかがでしょうか。この記事ではそんな美味しいコーヒーを飲みたい時にぴったりのお取り寄せコーヒー豆…

まとめ バウムクーヘン スイーツ カフェ

ずーっと昔から特別なお菓子で、みんなに愛されてきた「バウムクーヘン」。時代は変わり少しづつ変化も取り入れながら、今なお愛され続けています。今回はそんなバウムクーヘンを「お取り寄せ可能」なものだけ集めてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る