豆派も粉派も!種類別コーヒーメーカーの正しい使い方

自動でコーヒーを淹れてくれるコーヒーメーカー。普段、使ってはいるけどいまいちおいしくないと感じているなら、それは使い方が原因かも?この記事では意外と知らないコーヒーメーカーの正しい使い方、各種メーカーの使い方も合わせてご紹介します。お手入れ方法、豆と水の選び方も要チェック!

2020年3月19日 更新

手順

1. コーヒー豆を挽きます。豆の量に応じて、ミルスイッチを押す時間を調整してください。

2. ドリップ方式を選びます。ダブルドリップにすると、濃く抽出できますよ。

3. ステンレスフィルタ、もしくはペーパーフィルタをセットします。

4. フィルタをセットしたガラス容器を、本体にセットします。

5. タンクに水を入れ、希望のコースを選択します。

6. 抽出されたらできあがりです。

全自動コーヒーメーカーの使い方例

ITEM

siroca(シロカ)「全自動コーヒーメーカー SC-A121」

サイズ:幅17.3×奥行22×高さ27cm
容量:約0.58L(約1~4杯)

¥9,800〜 ※2020年3月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
全自動は、コーヒー豆を挽くところからドリップまですべて一括でできるのが特徴。ミルが内蔵されているので、コンパクトなのも魅力です。

手順

1. 本体にコーヒー豆もしくはコーヒー粉を入れ、ふたをします。

2. タンクに水を入れ、ふたをします。

3. コーヒーサーバーを保温プレートの上にセットします。

4. 淹れたい杯数や飲み方によって。モードを選択します。

5. 抽出されたらできあがり!コーヒーカップにコーヒーを注ぎます。

カプセル式コーヒーメーカーの使い方例

Photo by UCC

UCC「ドリップポッド DP3」 サイズ:奥行き290×幅133×高さ224mm 容量:0.7L
1杯分の容量のコーヒー豆やインスタントコーヒーを詰めたしたカプセルを、専用マシンで抽出します。1杯ずつ自分好みの味をえらべるのは、カプセル式だからこその魅力ですよね!

この商品の場合は炒りたて、挽き立てのコーヒー豆が密封されており、いつでも新鮮な味わいを楽しめるのもポイントです。

手順

1. タンクに水を入れ、カップをセットします。

2. カプセルを本体にセットします。

3. 湯量を調整し、コーヒーモードを選択します。
※紅茶や緑茶モードもあります。その際は、専用カプセルを使用してくださいね。

4. 約60秒でできあがり。

エスプレッソマシンの使い方

全自動エスプレッソマシンの使い方例

ITEM

DeLonghi(デロンギ)「コンパクト全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ECAM23260SBN」

サイズ:幅238×奥行430×高さ350mm
容量:1.8L

¥108,000〜 ※2020年3月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
本格的なエスプレッソが淹れられる全自動エスプレッソマシンです。こちらのマシンではカプチーノが作れるだけでなく、エスプレッソの旨味とドリップのすっきりした後味を合わせたレギュラーコーヒーも作れるんですよ!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS