ローディング中

Loading...

人気番組『あのニュースで得する人損する人』で話題の家事えもん。余りものを使って絶品料理を生み出す名人ですが、そんな家事えもんの「ハンバーグ」が、超ジューシーだと人気を集めているんです!今回は、そのレシピをご紹介しますね。

大人気の家事えもん

テレビ番組『あのニュースで得する人損する人』で一躍話題となった、家事えもんこと芸人の松橋周太呂さん。その技の数々は、まさに名人芸と呼べるほどなのだとか。家事の裏ワザをまとめた本も発売されているということですから、ぜひともチェックしておきたいですね。

掃除や洗濯ももちろんですが、とくに注目したいのが、その料理アイデア!番組内で家事えもんが考案する料理は、余りものを有効活用したアイデアが多く、意外な食材を組み合せて作る「かけ算レシピ」は、放送されるなりもれなく話題を集めています。

macaroniでも、今まで家事えもんのさまざまなレシピアイデアをご紹介してきました!気になる方は、下記リンクの記事をチェックしてみてくださいね▼

家事えもんのハンバーグが大人気!

そんななか、今回ご紹介したいのは、家事えもんオリジナルの「ハンバーグ」。

ハンバーグは、大人も子どもも大好きな料理ですよね!ご家庭で作ることも多いと思いますが、おそらくみなさん悩まれるのが「どうやったらジューシーにできるんだろう?」ということだと思います。おうちで作ると、どうしてもレストランのようにできず、パサパサになってしまうとお困りの方もいるのでは……?

ところが、家事えもんが考案したハンバーグなら、肉汁たっぷりで絶品に作れると話題なんです!

Twitterでも絶賛の声が続々

Twitterを覗いてみると、
「家事えもんのハンバーグが、肉汁ですぎてびっくり!」
「滝のような肉汁……切った瞬間に肉汁が噴き出してきて、感動した!」
「家でここまでのクオリティーができるとか……。これはちょっとハマるわ。また作るわ」
などのコメントがあり、その人気ぶりがうかがえますね。

みなさん、予想以上にあふれ出てくる肉汁に、驚きを隠せないようです。いったい、家事えもんのハンバーグには、どのような秘密があるのでしょうか?ここからは、そのレシピをご紹介したいと思います。

家事えもん「ハンバーグ」のレシピ

まず、みじん切りにした玉ねぎとひき肉を混ぜていくのですが、玉ねぎはフライパンではなく電子レンジで加熱するようにしましょう。そうすることで、玉ねぎ本来の旨みや甘みが逃げることなく、ギュッと閉じ込められます。
そこに、すりおろした高野豆腐や卵などを加えて混ぜていきます。このとき、手ではなくスプーンなどで混ぜましょう。手の熱で脂が溶けてしまうのを防ぐためです。

つぎに、できあがったタネでコンソメスープの氷を包み込み、焼いていきます。焼き方のポイントは、まず両面焼き色をつけてから、お湯を加えて蒸し焼きにすること。また、仕上げとして余熱でしっかりと火をとおすことで、ふっくらとしたハンバーグになりますよ。
さて、ざっくりと作り方を紹介しましたが、普通のハンバーグと明らかに違うポイントが2つあったことに気づきましたでしょうか?そのポイントこそが、家事えもんのハンバーグを作るうえで、もっとも重要なことなのです!

高野豆腐を入れる

ポイントのひとつ目は、タネにすりおろした高野豆腐を混ぜること。ハンバーグは通常、パン粉を混ぜて肉汁を閉じ込めておくのですが、家事えもんのハンバーグでは代わりに高野豆腐を使用し、より多くの肉汁を逃がさないようにするのです。もちろん、戻す前の固い状態ですりおろしてくださいね!

氷を入れる

もうひとつのポイントは、コンソメスープで作った氷をタネで包むこと。滝のようにあふれ出す肉汁の正体は、コンソメスープだったのですね!
製氷皿に、お湯で溶かしたコンソメスープを注ぎ、凍らせておきます。この作業を前日の夜にやっておけば、ハンバーグを作るときにはきちんと氷になっているはずです。

身近な材料で、本格的なハンバーグを

いかがでしたでしょうか?
ハンバーグを作ることを苦手としている方は、意外と多いはず。そんななか、なにも特別な食材を使うことなく、高野豆腐やコンソメスープといった身近な食材で、驚くほどジューシーで本格的なハンバーグが作れるとなると、かなりありがたいですよね。

あなたも、家事えもんが考案したハンバーグにチャレンジしてみませんか?きっと、楽しい食卓を演出できることでしょう!

冒頭ですこしご紹介した、家事えもんの著書『すごい家事』は、Amazonでも購入することができます。気になる方は、ぜひチェックしてみましょう!▼

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【調理法別】豚ももブロックの人気レシピ20選!チャーシューも角煮も◎

豚肉 まとめ

豚ももブロックは脂肪が少なく、ヘルシーに食べられると人気の部位。しかし、どんな料理に使えばよいか分からない方も多いのでは?今回は、豚ももブロックのレシピを調理法別にご紹介します。角煮やチャーシューなど、人気の…

ほの甘くて香ばしい◎「きな粉パン」のレシピ15選

レシピ パン まとめ

きな粉を使ったパンはほのかな甘さと香ばしさで、年齢を問わず人気がありますね。今回は、きな粉を使ったパンの人気レシピをご紹介。手軽にできるトーストから、手ごねで作る本格パンまでバリエーション豊かなレシピを揃えま…

コリッとやわらか「豚軟骨」のレシピ15選!下処理法も解説◎

レシピ 豚肉 肉料理 まとめ

コリコリした歯ごたえと骨まわりの柔らかさが特徴の「豚軟骨」。調理法がわからず買ったことがなかったという方も多いのでは?今回は、豚軟骨を味わいつくす人気レシピを厳選してご紹介。煮込みや炒め物のほか、子どもが喜ぶ…

おかずもサラダも絶品!捨てずに食べたい人参の葉レシピ10選

レシピ

葉っぱ付きの人参、どのように使っていますか?葉は捨てているという方、それはもったいないですよ!人参の葉は捨てないで活用することができます。無駄にせず、すみずみまで食べるために人参の葉を使ったおすすめレシピをご…

プチプラで上質感♩ナチュラルキッチンのぬくもり系ハロウィングッズ5選!

ハロウィン おしゃれ まとめ

今回は2017年ナチュラルキッチンの注目「ハロウィングッズ」をまとめてご紹介!100円とは思えないクオリティのオーナメントやプレートなど、ファン歓喜の品々が揃っているようですよ♩実例も合わせてご紹介しますので…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食材別で簡単!野菜の旨味引き出す人気のサラダレシピ30選

サラダ レシピ まとめ

何かとマンネリしがちなサラダレシピ。そこで今回は、チキンやトマト、キャベツなど食材別に、人気の簡単サラダレシピを30選ご紹介しますよ!また、野菜の洗い方などいつものサラダをもっとおいしくするポイントも交えてご…

YUKA'sレシピから学ぶ♡作り置きレシピで時短弁当10選

レシピ 作り置き まとめ

人気ブロガーYUKAさんから学ぶ時短レシピ弁当のご紹介です。お金と時間をかけずに作れるレシピは、ご家庭で重宝すること間違いなし!お子様や旦那様のお弁当はもちろん、働く女性の方にも最適です。毎日のお弁当作りや献…

ダイエット効果も♡すぐ作れる!「マシュマロゼリー」レシピ8選

レシピ ゼリー まとめ

マシュマロはヨーロッパではのどの痛みや胃腸の炎症を抑える効果があるとして薬として使われていたんですって。そんなスーパーフードのマシュマロには美肌効果もありダイエット中のおやつにも最適!マシュマロを使ってゼリー…

包丁を使わないレシピまとめ!料理が苦手な人でもこれなら安心☆

レシピ まとめ

新生活で忙しくなったり、料理が苦手な人でも作れる料理のレパートリーは増やしておきたいですよね。そんな人でも安心してください!料理初心者の人でも簡単で挑戦しやすい包丁を使わないレシピをまとめました。

オイスターソース&マヨネーズ「オイマヨ」を使った人気レシピ8選

マヨネーズ レシピ まとめ

今、オイスターソースとマヨネーズを合わせた「オイマヨソース」が大人気なんです。2つの調味料を合わせることで、どんな料理にでも合う万能ソースに変身しちゃいます♪今回は、そんなオイマヨを使った人気レシピを紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

飛び出してきそう!キュートな「猫のカレーパン」レシピ

レシピ パン カレーパン

中に具がたっぷりと入った、揚げないヘルシーなカレーパン。あどけない猫の表情がなんともかわいらしいパンです。カップケーキの箱を使って簡単に作れますよ。人気ブロガー『Bento Monsters』さんのレシピから…

生地から美味しい天然酵母のパン屋、鎌倉「キビヤベーカリー」

鎌倉 パン屋

鎌倉駅から徒歩4分ほどのところにあるパン屋さんは天然酵母の全粉粒を使い、お店の雰囲気もナチュラルで自然を活かしています。そこが「KIBIYA BAKERY(キビヤベーカリー)」です。素敵なパンに出会いたい人は…

岩見沢「ノースファームストック」は、パンケーキがおいしいおしゃれカフェ

北海道 カフェ パンケーキ スムージー スイーツ

北海道産の素材にこだわり、手作りにこだわった、ナチュラルブランド「ノースファームストック」。加工食品を通信販売するのがメインですが、実は北海道に店舗があるのをご存知ですか?北海道旅行を予定している人、必見です…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/

ページTOPに戻る