ショウガオール

しょうがの辛味成分である「ショウガオール」には、冷えによって滞った血流の流れをよくする作用があります。血管の収縮を抑える、血栓の生成を抑制するといったはたらきがあるため、血管の健康維持に役立ちますよ。

ショウガオールは、生のしょうがに含まれる「ジンゲロール」を加熱することで得られます。冷えて血流が悪くなったときには、しょうがを温めて摂るのがおすすめです。(※9)

血流をよくする食べ物以外にも工夫したいこと

血流をよくするには、運動習慣が大切です。筋肉を動かすことにより、全身に血液が届けられます。運動不足にならないよう、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動や、筋肉トレーニングを定期的におこなうことをおすすめします。

また、長時間同じ姿勢でいると、血栓ができやすくなる場合があります。飛行機や深夜バスなどで長距離移動をする際は、ストレッチや軽い体操などをおこない、こまめに体を動かしましょう。(※1,2)

血流を良くする食べ物を使ったおすすめレシピ5選

1. 鶏もも肉と水菜のゆずしょうが鍋

Photo by macaroni

ゆずの風味がさわやかな、鶏肉と水菜の鍋です。しょうがを加えて煮込むため、血流を促すショウガオールも摂れますよ。ゆずには血小板の凝集を抑えるクエン酸や、抗酸化作用のあるビタミンCが含まれているため、血流をよくするのにおすすめです。(※3,4,7,9)

2. 肉巻きピーマンの生姜焼き

Photo by macaroni

ピーマンを豚肉で巻き、甘辛いたれをからめてしょうが焼き風に仕上げるレシピです。ピーマンには、血栓の原因「過酸化脂質」の生成を抑える、ビタミンCがたっぷり含まれていますよ。血流を促す作用があるしょうがも、しっかり加えてくださいね。(※3,7,9)

3. かぼちゃのはちみつレモン煮

Photo by macaroni

かぼちゃをレモンとはちみつで煮込む、作り置きができるひと品です。レモンの風味を効かせることで、和食だけでなく洋食にも合う味わいに仕上がりますよ。

かぼちゃにはビタミンE、レモンにはビタミンCが豊富です。どちらも抗酸化作用があり、血液中の脂質の酸化を防いで血流をよくするのに役立ちます。(※3,7)

4. 甘辛ピーナッツ味噌

Photo by macaroni

ピーナッツを炒め、味噌入りの甘辛い調味料をからめるレシピ。ごはんがすすむ味わいですよ。ピーナッツには、抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれています。間食として取り入れるのもおすすめです。(※7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS