ダイエットも期待!?「烏龍茶」の効果効能をまとめてみた

今回は、烏龍茶(ウーロン茶)の効果効能について調べてみました。なんと、ダイエット効果が期待できるようなんです。そのように言われている理由はなんでしょうか? そのほかの効能についてもまとめているので、ぜひ知っておきましょう!

体によい影響をもたらす「烏龍茶」

中華料理を食べる際などに、飲まれることの多い「烏龍茶(ウーロン茶)」。すっきりとした飲み口で、普段から好んで飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな烏龍茶の嬉しい効果効能について調べてみました。ダイエット効果をはじめ、さまざまな"よい影響"をわたしたちにもたらしてくれるようです。これからは、ぜひ烏龍茶に注目してみてください。

烏龍茶のダイエット効果

脂質の吸収を抑える

烏龍茶特有の「ウーロン茶ポリフェノール」には、脂質の分解・吸収の役割を担っている消化酵素「膵リパーゼ」の働きを抑制する作用が認められています。リパーゼの動きが抑えられるということは、脂質は吸収されずに腸まで運ばれてそのまま排出されるということ。(※1)

もちろんすべての脂質が排出されるわけではありませんが、脂肪が溜まりにくくなるという意味では、ダイエットに役立ちますね。

むくみ対策

体がむくむ原因は、体内で水分が溜め込まれていること。コーヒーほどではありませんが、烏龍茶にもカフェインが含まれており、尿量を増やして体内の水分を排出させる作用があります。余計な水分が出ていけば、むくみの対策につながります。

ただし、飲み過ぎはかえって水分不足を引き起こしかねないので、注意しましょう。

ダイエットに効果的な飲み方

食事中に飲む

脂質の吸収を抑えてくれる烏龍茶ですが、食事中に飲むのがもっとも効果的。胃腸に食べ物がある時点で烏龍茶を飲めば、食事中の油の吸収を抑えることができます。油を多く使う中華料理に烏龍茶を合わせることが多いのは、そのためなんですね。

運動と併せる

烏龍茶には脂質の吸収を抑制する作用はあっても、溜め込んだ脂肪を消費する効果が認められているわけではありません。ダイエット効果をより実感したいなら、食事中の烏龍茶に加え、運動をして脂肪を燃焼させることが大切です。

そのほか期待できる効果効能

アンチエイジング効果

わたしたちの体の中には、「活性酸素」という物質が存在しています。この活性酸素が体内で過剰に増えると、細胞などを酸化させることにより、老化が促進されてしまいます。

ウーロン茶ポリフェノールは、「SOD酵素」という成分の働きをサポートし、過剰な活性酸素を減らす働きが認められている(※2)ため、アンチエイジングに効果的です。

虫歯対策

烏龍茶は、虫歯対策にも役立つことが分かっています。ラットを用いた実験によると、烏龍茶を摂取した場合に、虫歯の原因となる細菌のかたまり(プラーク)が減少したことが証明されており、虫歯の抑制に有効であると発表されています。(※3)

飲むときの注意点

空腹時は控える

特集

SPECIAL CONTENTS