ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

手作りマシュマロに挑戦!

ふわっとした口溶けがたまらない「マシュマロ」。好きだという方も多いのではないでしょうか。最近ではさまざまな味わいのものが販売されたりしていて、選ぶ楽しみもありますよね。 そんなマシュマロ、おうちで作れたらいいと思いませんか?実は、自宅でも簡単に手作りできるんですよ!今回は基本となるマシュマロの作り方と、「ギモーヴ」と呼ばれる生マシュマロの作り方をご紹介します。

意外と簡単♪ マシュマロの作り方

材料(3cmの丸型、20個分)

・水              50cc ・粉ゼラチン          7g ・砂糖             60g(40gと20gに分けておきます) ・卵白             1個分 ・バニラエッセンス       2〜3滴 ・コーンスターチ(片栗粉でも可)適量

下準備

1. 小鍋に水を入れ、そこに粉ゼラチンをまんべんなく振り入れてふやかしておきます。 2. バットにコーンスターチを1cmほどの深さになるよう加え、卵の殻などを使って数ヶ所丸く凹ませておきます。

作り方

1. 小鍋に用意した粉ゼラチンを火にかけて溶かし、砂糖40gを2回に分けて加え溶かします。 2. 清潔なボウルに卵白を入れて泡立て、もったりしてきたら残っている砂糖(20g)を加えてさらに泡立てます。しっかりとツノが立つまで泡立てましょう。 3. 21を少しずつ加え、その都度泡立てます。バニラエッセンスを加え、さらに混ぜ合わせます。 4. コーンスターチの凹みに3をスプーンですくって落とし、冷蔵庫で5分ほど冷やしましょう。固まったことを確認したら全体にコーンスターチをつけて、はたいて完成です。

卵白なし!ギモーヴの作り方

通常のマシュマロでは卵白を使いますが、「ギモーヴ」と呼ばれる生マシュマロでは、卵白を使用しません。そのため、よりもっちりとした食感が楽しめますよ。ピューレやジャム、果実などでフレーバーをつけるのが一般的です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS