ライター : charlotte

いつも記事を読んでくださり、ありがとうございます。 これからも、おいしいお料理のお店や、オススメレシピなど、気になる情報をお届けしたいと思っています。 よろしければ、お気に…もっとみる

むっちりお菓子「ギモーヴ」とは

ギモーヴ

ギモーヴのはフランスで発祥したお菓子です。フルーツピューレをゼラチンで固めたもので、マシュマロに似ていますが、多くは小さな立方体をしています。 名前の由来は、ウスベニタチアオイという植物のフランス語名(guimauve officinale)から。古くは、ウスベニタチアオイの汁をゼラチン代わりに使って作られていたことから、その名がついたとされています。

ギモーヴの味わいと食感

ギモーヴの特徴は、フルーツピューレを原料としていること。使用しているフルーツの香り、濃厚な味わいがぎゅっとつまっており、風味が豊かです。触った感じはしっとりやわらか・むちむちしていますが、口に入れるととろけるような食感を楽しめます。

ギモーヴとマシュマロの違い

マシュマロ
ギモーヴを語るうえで知っておきたいのが、マシュマロとの違い。どちらも非常によく似ていて「ほとんど同じ」とさえ言われてしまいますが、詳しく調べてみると異なるポイントが3つあるんです。

アメリカ名とフランス名

ギモーヴの語源は、ウスベニタチアオイのフランス語名(guimauve officinale)から来ていますが、ウスベニタチアオイを英語で表すと(marsh mallow)。名前は違えど、実は語源が同じなのです。

作り方の違い

ギモーヴはフルーツピューレとゼラチンを原料としていますが、マシュマロの原料は砂糖やシロップ、ゼラチン、そして香料などを加えたメレンゲ。メレンゲありなしの違いですが、近年、お店で販売されているギモーヴの中には、メレンゲを使っているものもあるようです。

味の違い

よく似ていると言われるギモーヴとマシュマロですが、口に入れるとその違いがよくわかります。ギモーヴはフルーツが本来持つ味や香りがするのに対し、マシュマロは砂糖や香料のしっかりした甘みを感じます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS