カラフルで可愛い♡フランスのマシュマロ「ギモーヴ」を食べてみよう♪

見た目もカラフルで可愛いギモーヴは、女性人気も抜群です。口の中でじゅわ~っと溶け出す食感は、1度食べるとクセになるほど。そんなギモーヴについてまとめてみました!後半にはレシピも載っています♡

マシュマロとギモーヴ、見た目は似てるけど・・・?

マシュマロとギモーヴって見た目はわりと似ているので同じものと思われがちなんですが、実は使っている材料などが違うんです。もちろん、食感も♡

使う食材の違いについて

マシュマロはメレンゲに香料を加え、ゼラチンで固めたもの。ギモーヴはフルーツピューレにゼラチンを加え、泡立てて固めたものになります。一見同じに見えるマシュマロとギモーヴですが、こんな違いがあるんですよ♡

食感も違うんです♪

マシュマロはメレンゲで作ることから、ふわふわっとした食感ですよね。ギモーヴは「ふわふわ」というよりは「ぷにゅぷにゅ」としており、口の中ですっと溶けるような食感です。

さわり心地は赤ちゃんの肌のよう♡ギモーヴはフルーツピューレを使うので、フルーツの香りがしっかりとするのも特徴です。

お店で販売されているギモーヴ♡

こちらはブールミッシュのギモーヴ。フレーバーは全部で10種類あり、凝縮した果汁で作られています。
色鮮やかでカラフルなぷにぷにのギモーヴです。酸味があってさわやかなので、いくつでも食べられちゃいます。

自宅でも作ってみましょう♪

お店でもギモーヴは購入できますが、家でも手軽に作れちゃいます。美味しいギモーヴもレシピをご紹介しますね!

フランス風ギモーヴ

フランボワーズ、パッションフルーツ、カシスのピュレを使用したギモーヴ。泡立ちをよくするため、卵白も使いましょう。少ない材料でできちゃうのも魅力ですよね。

桜ギモーヴと抹茶ギモーヴ

特集一覧

SPECIAL CONTENTS