ダイエットに効果的な「酢しょうが」の作り方!1日大さじ山盛り1杯がカギ

身近な食品「お酢」と「しょうが」を組み合わせた新たなダイエット法「酢しょうが」。手間もかからず簡単にできるのに、無理なく減量をサポートしてくれるのでおすすめ!今回は、酢しょうがの作り方や食べ方、ダイエット効果についてまとめてみました。

「酢しょうが」ダイエットで脂肪を燃やす!

手間暇をかけず、ちょっとしたコツさえつかめばダイエット効果を実感できると話題の「酢しょうが」。薄切りにしたものは漬け物感覚でそのまま食べてもよいですし、みじん切りやすりおろしたものを、調味料代わりに食事に加えてもOK。これほど簡単な方法でおいしくダイエット効果を得られれば、そんなにうれしいことはないですよね。

今回は、注目を集める酢しょうがの作り方や食べ方、ダイエット効果についてまとめてみます。

なぜ、酢しょうがでダイエットできるの?

お酢としょうがは、ともに体を温める食材としてよく知られています。

まず、お酢の主成分「酢酸」が体内で細胞に取り込まれると、アデノシンという物質に変わります。アデノシンは血管を広げてくれる作用があるとされ、体の隅々まで血液を流すように働きます。

しょうがに含まれる「ショウガオール」は、全身の血液循環をよくしてくれます。また、「ジンゲロール」は、抹消の血管を広げてくれる作用が期待されています。これらの成分は皮部分に多く含まれているので、しょうがは皮ごと使うといいんです。

作用は異なりますが、お酢にしても、しょうがにしても、血液と血管に作用してくれる食材。その結果、体の冷え取りをサポートしてくれるのです。

体の冷えを取って脂肪燃焼!

しょうがを加熱するとジンゲロールからショウガオールに変化し、より身体を温める効果が高まります。
体の冷えを取り、基礎体温が高まると、ダイエットを促してくれます。体が慢性的に冷えている状態は、代謝機能の低下を促して、太りやすくなってしまうからです。

逆にいうと、冷えを取って代謝が高まれば、脂肪を燃焼させやすくなります。“やせやすい体質”に切り替わって、自然とダイエットをサポートしてくれるんです。
酢しょうがを作ったら、加熱調理して使用する方法をおすすめします。

酢しょうがの作り方

用意するもの

<食材>
・お酢…100㏄
・しょうが…100g
・はちみつ…20g

<容器>
大きな口の保存容器

使用するお酢は、米酢や黒酢などお好みの種類でかまいません。ただ、ミネラルやアミノ酸を豊富に含む黒酢は、特におすすめといえますね。

作り方

1. しょうがは皮ごと使います。よく洗ったら、1ミリ幅程度に薄くスライスしたり、みじん切りにしたり、すりおろして、保存容器に入れます。

2. 1のなかに、お酢を並々と注ぎます。

3. 最後にはちみつを加え、一晩浸けたら出来上がりです。

電子レンジで作る作り方

酢しょうがは電子レンジでも簡単に作れますので、併せてご紹介します。ご自分でやりやすい方法を選んでくださいね。

1. しょうが(200g)をみじん切りにします。200gの目安は、袋入りのもの1袋程度です。

2. 1を容器に入れて、600Wの電子レンジで4分ほど加熱しましょう。

3. 2にお酢(200g程度)と、はちみつ(大さじ1)を加えて混ぜたら完成です

食べ方、使い方のコツ

1日に酢しょうがを食べる量の目安は、約30g。大さじ山盛り1杯程度の量です。これをそのまま食べたり、調味料に使ったり、食事に混ぜて毎日食べるようにしましょう。

そのまま食べるのが苦手という人は、千切りにしてスープに加えるだけでスープのコクが増します。また、天ぷらの衣を作る際、酢しょうがをみじん切りにして混ぜ込むと、風味豊かでサッパリとした天ぷらに仕上がります。

なお、酢しょうがは、1日置いたあとのほうが食べやすくておすすめ。しょうがとお酢がなじんで、酸味もまろやかになります。

酢しょうがの保存期間と方法

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tep

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう