ローディング中

Loading...

連載:パクチーの魅力あれこれ

このところ勢いを増しているパクチーブーム。今後ますます盛り上がりを見せそうです。パクチーって、そもそも何?美容効果も期待出来るって本当?実は女性に嬉しい栄養や効能がたっぷりなんです!この連載はそんなパクチーの知られざる魅力をご紹介します。

パクチーブームが止まらない!

このところパクチーブームがますます勢いを増しています。
パクチーが存分に味わえるパクチー専門店の相次ぐオープンに加え、パクチーを使ったドレッシングやスープ、インスタント麺にポテトチップスなど、パクチー好きにはたまらない魅力的な商品の数々が販売されるようになりました。
この先も、パクチーブームは止まらない。そんな予感がします。

東南アジア料理を得意とする料理研究家・島本美由紀が、そんなパクチーの魅力をたっぷり伝えていきたいと思います!

そもそもパクチーって何?

パクチーとは、セリ科の1年草のこと。ハーブ・香辛野菜として、世界各地で栽培されている食材のひとつです。

日本ではパクチーという名前が一般的ですが、国によって名前が異なり、アメリカでは「コリアンダー」、中国では「香菜(シャンツァイ)」などとも呼ばれており、私たちに馴染みのある「パクチー」という名前はタイ語です。
日本でもパクチーではなく、コリアンダーや香菜という名前で売られていることがあります。

好き嫌いが分かれる食材

パクチーはその独特な香りから、好きな人は大好きだけど、嫌いな人はとにかくダメ!といった、好き嫌いがはっきりしている食材です。
パクチーが苦手な人にとっては、カメムシのにおいがすると感じるようですが、それもそのはず。実は、コリアンダーの語源は、古代ギリシャ語でカメムシを意味する「koriannon」。その独特な香りが、カメムシのにおいに似ていることが語源となっているのです。
そのため、日本でも別名「カメムシ草」と呼ばれているんですよ。

世界中でメジャーな食材のひとつ

パクチーの歴史は古く、地中海原産のため古代ギリシャはもちろん、古代エジプトや古代ローマでも、古くから薬草として重宝されてきました。いまでは東南アジアの料理、中華料理、インド料理、メキシコ料理など、食用として世界中で使われるように。

日本では近年までパクチーを家庭料理に使うことがなかったので、海外旅行やエスニックレストランでパクチーの存在を知った人も多いようですが、実は昔から意外なところで使われていたのです。
それは、私たちの大好きなカレー。カレーのスパイスには、コリアンダーシード(パクチーの種子)が使われており、日本でもずっと以前からおなじみの食材だったんですよ。

とってもすごい!パクチーの栄養と効能

パクチーは近年、きれいになれる食材として女性から絶大な支持を集めています。
その秘密は、パクチーに含まれている豊富なビタミンと栄養価なんです。

美肌の秘密は豊富なビタミン

パクチーには、ビタミンB1、B2、C、 Eと、体内でビタミンAに変わる、β(ベータ)カロテンが豊富に含まれています。免疫力を高め、体を疲れにくくし、肌をきれいにしてくれる栄養素です。つまり、パクチーは食べるだけでどんどんきれいになれちゃう魔法のような食材なのです。

ただし、ビタミン類は加熱すると栄養価が低くなってしまうので、調理には注意が必要。例えば、パクチーに含まれているビタミンCは水溶性なので、加熱すると水に流れ出てしまいます。美容のためにパクチー摂取を考えるなら、加熱せずに生で食べることが一番です!

まずは、いろいろな料理にトッピングをして、その独特の香りを楽しみながら味わってみてください。

アンチエイジング効果も期待大

美肌効果のあるパクチー。しかしパクチーが持つ効果はこれだけではありません!実はパクチーは、細胞の老化を防ぐ抗酸化作用も高く、アンチエイジング食材としても近年注目されています。

抗酸化作用とは、ストレスや紫外線、運動不足により発生してしまう活性酸素を抑える働きのこと。パクチーに豊富に含まれているビタミンCやEなどによって抗酸化作用が働き、血行を促進して肌の老化を防ぎ、冷えや疲れによるダメージも回復してくれるんです。

ちなみにパクチーに含まれる抗酸化作用を引き出すためには食べ合わせも大切。ビタミンEは油と一緒に摂取することで、より効果的な働きをしてくれるので、パクチーをサラダに加える時などは、油(オリーブオイルやごま油など)をかけていただきましょう。

さらにデトックス効果も絶大!

私たちは日々の生活で、知らず知らずに有害物質を体内に取り込んでいます。そして、その排出がうまくいかなくなると、血行が悪くなり、吹き出物などの原因に……。

パクチーには、そんな体内の毒を排出してくれるデトックス効果もあります!

パクチーには、デトックス作用や解毒作用を持っている硫黄化合物(イオウ化合物)が含まれているので、体内の有害物質と結びつき、腸内環境を調えてくれます。デトックスの方法は運動や入浴など様々ですが、パクチーは排便によるデトックス効果を手助けしてくれるので、体の中からきれいを作りだしてくれる素晴らしい食材です。

ただし、食べ過ぎには気をつけて

さまざまな素晴らしい効能をもつパクチーですが、食べ過ぎにはご注意を。
解毒作用があるので、人によっては食べ過ぎで下痢を起こしてしまうことがあります。食べ過ぎには気をつけて適度な量を楽しみましょう。
改めて見ると、パクチーってすごい食材ですね。
美容効果の高いパクチーを、ぜひご自宅やレストランで気軽に味わってみてください。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

【羽田空港】老舗ホテル直営トースト専門店「On the TOAST」焼きたてパンを食べ放題♪

羽田空港にある人気のトースト専門店「On the TOAST(オンザトースト)」は箱根 宮ノ下 富士屋ホテル直営のベーカリー「PICOT」のパンがおいしいと言う声を受けて誕生しました。TVでも紹介される知名度…

予約が取れなくなるお店『白金 ティルプス』におねだりフレンチはいかが?

東京を代表するフレンチ「カンテサンス」の跡地に店舗をそのまま受け継ぐ形でオープンしたのが「ティルプス」。オープンしてわずか2カ月でミシュランの星を獲得したんですよ、すごい。今回知人のお誘いを受け、至福のフレン…

もう定番!“いなば”ツナとタイカレーを味わい尽くすアレンジレシピまとめ

すでに常備してる方も多いであろう缶詰、いなば・ツナとタイカレー。このおいしさに感嘆し、もっといろんな味わいで楽しみたい、と様々なアプローチをするツナとタイカレーファンが続出してるんですっ♡

ページTOPに戻る