ライター : ichika

宮古島在住ライター

沖縄県宮古島在住、男の子のママライターです!また読みたくなるような情報をお届けできればと思います♪

手作り「キャンディーブーケ」を贈ろう

みなさん「キャンディブーケ」をご存知ですか? 低コストでできるのに、お花のブーケよりも派手にかわいく作れると、インスタグラムや Twitterなど話題になったアイデアブーケです。今回は、「キャンディブーケ」とはどんなものなのか、作り方や専門店などについてもご紹介していきたいと思います。

キャンディブーケとは?

キャンディブーケとは、チョコレートやキャンディーなどのお菓子を、包装紙やリボンなどで包みこんだ、お菓子のブーケのことをいいます。お菓子のみだけでなく、ぬいぐるみやバルーンなどと一緒にボリュームアップさせたものが多く、組み合わせのバリエーションは無限大! お花のブーケは時間が経つと枯れてしまいますが、キャンディブーケは枯れる心配もなく、さらにはお菓子が食べられるので、見るだけでなく食べる楽しさも詰まったブーケです。 誕生日のプレゼントとしてはもちろん、結婚式のブーケにも使用されることもあるそうで、さまざまなシチュエーションの贈り物にも喜ばれるでしょう。

Twitterでもキャンディーブーケが浸透

ツイッターでもキャンディブーケを作っている人続出!こちらの方はビスコやカプリコなどの人気のお菓子を一緒にまとめています。淡い色で統一させたお花が、とてもかわいいですね!よりお菓子が際立ち、キャンディーブーケを強調しているようです。
こちらの方はペコちゃんのキャンディをたっぷりと詰めて完成させたキャンディブーケ。キャンディをカラフルにすることで、華やかさも増しますね。キャンディを刺すだけなので、作り方もとっても簡単です。
赤で統一されたこちらのキャンディブーケ。風船とお花でがメインとなっていて、とても豪華な印象ですね。両端がきゅっと結ばれたキャンディがところどころに見え隠れしていますね。こんな豪華なキャンディーブーケをもらったら、感動しないわけがありません!
みなさんもお祝い事などの行事があると、キャンディブーケを作っているようですね。お花のブーケだけでなく、キャンディブーケが浸透していることが伺えます。 どれもリボンや造花でデコられていてとってもかわいいですが、100均のアイテムだけで簡単に作れるんですよ!さっそく作り方をご紹介します。

100均材料で作れる!キャンディーブーケの作り方

必要な材料

・棒付きキャンディ ・ナイロン折り紙 ・モール ・造花 ・カラーセロハン ・リボン

作り方

1.棒付きキャンディをナイロン折り紙で巻き、モールで止めたものを6本作ります。 2.1のキャンディを、造花に巻きつけます。 3.2をまとめて花束を作り、モールで巻きます。 4.カラーセロハンで、包んだらモールでしばります。 5.さらにモールの上からリボンを巻いて完成です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS