ライター : TK

海外に住んでいるので外国のレシピをメインに記事を書いています!

ほっとするイタリアの家庭料理「インボルティーニ」

インボルティーニはイタリア語で、巻く、包むという意味で、文字通り肉や魚、野菜にニンニク、トマト、ドライフルーツ、チーズ、パン粉などさまざまな食材を混ぜて巻き込み、煮たり、オーブンで焼いたりする料理です。イタリアでは地方により実に多種多様のインボルティーニがあり、家庭料理の定番だとか。また、地方によって呼び名も変わるそうです。 イタリア料理が食生活に定着している日本では、インボルティーニは暖かく受け入れられる料理のひとつですね。ワインも進みそうです。 それでは、インボルティーニのアレンジレシピをご紹介します。

1.茄子のインボルティーニ

茄子を縦に薄切りにし油を塗った天板に並べ、両面にオリーブオイルをかけ塩、胡椒をふります。190℃のオーブンで30〜35分焼きます。ボールにリコッタチーズ、パン粉、ペコリーノロマーノチーズ、刻んだ生のバジルの葉、レモン汁、塩を入れ混ぜ、焼いた茄子にのせ巻きます。トマトソースを入れたスキレットに並べ、5分程煮込みます。スキレットをオーブンに入れチーズに火が通り、茄子に焦げ目がつくまで5分程ブロイルします。パセリとペコリーノロマーノチーズをふりかけます。

2.チキンとプロシュートのインボルティーニ

ボールにリコッタチーズ、塩、胡椒、パルメザンチーズ、ニンニク、パセリ、タイム、バジルを入れ混ぜ、薄く広げた鶏肉にのせ巻きます。オリーブオイルをかけ、プロシュートで巻きます。オリーブオイルを入れたスキレット(オーブン対応のもの)にチキンを入れ中火でで4〜6分、途中で裏返し焼きます。その後、200℃のオーブンに入れ12〜15分焼きます。チキンを取り出し、スキレットに白ワインとバターを入れ煮詰め、ソースを作りチキンにかけます。

3.ズッキーニとリコッタ、コーンのインボルティーニ

ボールに水をきったリコッタチーズ、コーン、ロマーノチーズ、モッツァレラチーズ、生食用ほうれん草またはバジル、ニンニク、塩、胡椒、卵を入れ混ぜます。ズッキーニを薄切りにし両面にオリーブオイルをつけて軽く焼き、チーズのミックスをのせ巻きます。天板にトマトソースを入れ、ズッキーニを並べ、お好みで上にも少量のトマトソースをのせ175℃のオーブンでチーズに火が通るまで15分焼きます。

4.チキン、モッツァレラ、バジルのインボルティーニ

鶏胸肉を叩いてうすく伸ばしバジルソースを塗ります。モッツァレラチーズを薄い棒状に切り胸肉の端にのせきつめに巻き、塩、胡椒し爪楊枝でとめます。オリーブオイルを入れたフライパンを中火にかけ、胸肉を転がしながら全体に5分焼き、耐熱容器に移し82℃のオーブンでで10〜15分焼きます。

5.茄子とスパゲッティのインボルティーニ

茄子を薄切りにし、オリーブオイルを塗り軽くグリルで焼いておきます。スパゲッティを茹で、トマトソースで和えます。スパゲッティを茄子に乗せ巻きます。トマトソースとパルメザンチーズを上からふります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS