6.魚とポテトのインボルティーニ

じゃがいもをスライスしボールに入れオリーブオイル、ガーリックパウダー、塩、胡椒をまぶしておきます。パーチメント紙の上にじゃがいものスライスを重ねてのせます。千切りにしたズッキーニと人参を、薄切りにして広げバジルソースを塗った白身魚の上にのせ巻き、爪楊枝で留めます。魚の表面にバジルソースを塗りパプリカをふりじゃがいもの上にのせます。パン粉、ニンニク、レモンの皮の擦りおろしを合わせて混ぜ、オリーブオイルを入れたフライパンで焦げ目がつくまで加熱します。パン粉のミックスを魚の上にのせ、オリーブオイルを回しかけて200℃のオーブンで焼きます。パセリをふります。

7.ヒヨコ豆とアーモンド、レタスのインボルティーニ

スキレットにオリーブオイルを入れ、缶詰のヒヨコ豆を炒めます。アーモンドを入れ炒め、レタスの上にのせ、お好みで人参、トマト、パプリカ、ライムジュースを加え巻きます。

8.チキンとほうれん草とブルーチーズのインボルティーニ

鶏胸肉を広げ叩いて薄く伸ばし塩、胡椒をふります。ほうれん草を茹で、水を切って胸肉にのせます。ブルーチーズと胡桃をほうれん草の上にのせ、きつく巻き塩、胡椒、オリーブオイルをふります。グリルの上にのせ鶏肉に完全に火が通るまで焼きます。
おわりに
インボルティーニは肉や魚で巻くとメインになり、野菜で巻くとサイドにもなりますね。冷めても美味しいので、お弁当のおかずにも適していると思います。肉類と野菜が同時に食べられるインボルティーニも多いので、栄養面でも優れたメニューですね。イタリアの家庭料理を今夜の食卓にいかがですか?
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ