食べられる宝石!伝統和菓子「琥珀糖」のレシピで煌めくおやつタイム♩

キラキラと美しい琥珀糖は、寒天に砂糖や水飴などの甘味を加えて作る日本の伝統的な和菓子。見た目がおしゃれでアレンジも楽しい琥珀糖をあなたも作ってみませんか?琥珀糖の基本的な作り方と、Instagramで見つけたアイデアレシピをご紹介。

「食べる宝石」琥珀糖

いまInstagramやTwitterなどのSNSでもで人気の「琥珀糖(こはくとう)」って知っていますか?まるで宝石みたいに輝いて見える、このきらきらと美しいものの正体は、寒天に砂糖や水飴などの甘味を加えて作られる日本の伝統的なお菓子なんです。

外はシャリッとした歯ごたえがあり、中はやわらかい不思議な食感の琥珀糖。なんだか、とっても気になりませんか?

作ってみよう!基本のレシピ

琥珀糖は工夫しだいでさまざまな色やかたちを作ることができます。実はおうちでも手作りできるので、まずは基本のレシピをご紹介しますね。
〈材料〉
糸寒天・・・5g
水・・・200cc
グラニュー糖・・・350g
色付け用の食用色素・ジュース・シロップ(かき氷用など)・・・適量

〈作り方〉
①糸寒天を7時間〜1日ほど水に浸します。
②糸寒天を水から引き上げ、水気をよく切ります。鍋に移して、水200ccと一緒に糸寒天が溶けきるまで加熱します。
③完全に煮溶かしたら、ざるなどで一度こします。こしたものにグラニュー糖を入れ、糸を引くようになるまで煮詰めます。
④流し固める容器にお好みのシロップを入れ、煮詰めた琥珀糖のもとをゆっくりと注ぎます。
⑤冷蔵庫に入れて、十分に固まってから容器から出して切り分けます。切り分けてからクッキングペーパーに広げ、3〜4日放置します。表面がパリパリと乾燥したら完成です。

包丁で切り分けてシャープな形に

切り分ける際に、包丁を使うとこんな感じの仕上がりになります。シャープな切り口で、特に作りたい形がある方にはおすすめ。

いちご、レモン、ブルーハワイ、カルピス……色付けに使うシロップの選び方しだいで、さまざまな色の琥珀糖が作れます。色をミックスすると、カラフルでとってもかわいいですね。

手でちぎって鉱石っぽく

手でちぎっても、おしゃれです!こちらのガラスのような透明感は乾燥する前のもの。この段階で食べるとすこし固めのゼリーのような食感に。

数日置いてしっかり乾燥させると、琥珀糖ならではのシャリシャリとした食感が楽しめるようになります。

Instagramで見つけたアイデアレシピ

ブルーだけでさわやかに

まるで海の中にいるみたい。ブルーだけで仕上げると、とっても涼しげできれいですね。かき氷用シロップのブルーハワイを使って作る方が多いようです。夏の日にこんな琥珀糖を出されたら、とってもさわやかな気分になれそうです。

見事なグラデーション!

色分けをせず、いくつかの色を一緒にして作るとこんなきれいなグラデーションが楽しめます。ビンに入れておくと、眺めているだけでうきうきしてしまいそうですね。

色みをおさえてもキレイ

シロップなどを少なめにしても、それはそれで透明感があって美しい琥珀糖が作れます。つい手にとって光に透かしてみたくなりますが、この状態からあと数日は乾燥しなければいけません。完成が待ち遠しいですね。

特集

SPECIAL CONTENTS