ライター : TK

海外に住んでいるので外国のレシピをメインに記事を書いています!

「クローグル」って?

クロワッサンとベーグルを合わせた最新のハイブリッドフード

クロナッツの次のブームにと呼び名も高いニューヨークからのハイブリッドフード、それがこの『クローグル』です。 クロワッサンのクロとベーグルのグルを合わせて命名されたこのハイブリッドフード『クローグル』の食感は外はクロワッサンのサクサク、中はベーグルのもっちり感が特徴で、文字通りひとつで2つの違った風味を同時に楽しめるフードなんです。
この焼き上がったばかりのクローグルの見た目はベーグルにもクロワッサンにも見えますね。一口食べるとクロワッサンの食感!と思いきや、同時にベーグルの味も広がってくるんです。 バリエーションも色々と作る事が出来、胡麻入り、チョコレートチップ入り、シナモン風味、ブルーベリー入り、チーズ入り等が出来ます。 食べ方はクリームチーズやジャムを挟んで主にコーヒーと一緒に朝食として食べるのがニューヨークではポピュラーなようですが、サンドイッチ用のパンとしても勿論、使えます。どのバリーエションでも、さっぱりとした味わいがあり、食べ易いパンです。 ニューヨークでは「さよならクロナッツ、ようこそクローグル」等とキャッチコピーも作られたとか。次なる人気を期待されているハイブリッドフードに間違いない様ですね。
この最新ハイブリッド、クローグルはクロワッサン用生地があれば家庭でも作れるんです!

ホームメイドクローグルの作り方

オーブンを190℃に温めておきます。 クロワッサン用の生地を25センチ程の長さの長方形に伸ばし、4〜5回ひねります。両端を強く繋ぎ円形にします。 大きめの鍋に湯を入れ沸騰させ、2つずつ生地を入れます。30秒ずつ両面を沸騰した湯に入れ、穴のあいたしゃもじで取り出し、天板に置きます。溶き卵を表面に塗り、塩をふります。オーブンで20〜22分、奇麗な焼き色がつくまで焼きます。
アレンジとして、シナモンと砂糖を混ぜたものを塩の代わりにふりかけると、シナモンシュガークローグルになり、甘めのおやつ系になります。 また、ニンニク、ポピーシード、塩、乾燥玉ねぎをかけると、エブリシングクローグルになり、おかず系として、スープと一緒にも楽しめます。 クロワッサン生地は市販のものを使うと手間と時間が省けますが、勿論、自家製のものを使うと美味しさもアップします。

クローグルはこちらで食べる事ができます♪

一度は食べてみたい♪

クロワッサンとベーグルの両方の美味しさが一度に味わえるクローグル、いかがですか? シンプルにジャムだけをつけて食べると、コーヒーにもよく合い、サッパリとしていて朝食には最適だと思います。温めて食べるとより一層美味しさが増します。クリームチーズやピーナッツバターとも相性がいいので日替わりで楽しめます。また、ランチ用としても使え便利ですよ。ホームメイドでも作れますので、一度、是非トライしてみて、ニューヨークの最新ハイブリッドを堪能してみませんか?
▼ベーグルのアレンジレシピもチェック♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ