LAで話題の「エッグスラット」とは?電子レンジでできる簡単レシピ

ロサンゼルスで話題を呼んだ「エッグスラット」についてご紹介します。国内では星乃珈琲店がモーニングメニューに取り入れていますが、実は電子レンジでも作れるんです。4つの食材で作れるエッグスラットのレシピやコツも解説していきますよ。

ロサンゼルスで話題を呼んだ「エッグスラット」とは?

エッグスラットとは、ガラス瓶のなかにハーブやスパイスなどで味付けをしたマッシュポテトを入れ、そのうえに生卵をのせて、湯せん調理した料理のこと。

卵とポテトを瓶の中でかき混ぜてからとろとろの半熟状になった卵を絡めていただきます。そのまますくって食べてもおいしいですが、パンにつけたり、クラッカーと一緒に食べるのがおすすめなんですよ。
▼東京・中目黒のお店で取材を敢行。詳しい食べ方はこちら!

エッグスラット・ブームの始まりはロサンゼルスから

エッグスラットの人気に日がついたのは2011年のこと。ロサンゼルスのブロードウェイストリートを走るフードトラック「エッグスラット」が、この料理を世に広めました。

「卵に対する本当の愛から着想を得た料理だ」と語られる通り、メインの食材は卵とじゃがいもだけというシンプルな料理です。ただ、このシンプルさが朝食にぴったりということで、パンケーキやエッグベネディクトに続くモーニングの定番として注目を集めました。

日本ではカフェ「星乃珈琲店」が火付け役

エッグスラットを食べられるカフェは日本でもぞくぞく増えており、たとえば「星乃珈琲店」のモーニングメニューにも取り入れられています。食べた人はみなさん、そのとろとろ新食感に夢中になっている様子。ぐるぐるとかき混ぜて、トーストを付けてたべるのがおいしそうです。

東京や京都、大阪、名古屋など各地のお店で楽しめます。エッグスラットに興味がわいた方は、お近くの星乃珈琲店でモーニングを注文してみましょう。
▼星乃珈琲店のモーニングについてはこちら!

電子レンジで作る「エッグスラット」のレシピ

エッグスラットは、なめらかなマッシュポテトとトロトロになった半熟卵のバランスが絶妙でな料理。普通ならフライパンやお鍋でお湯を沸かしてじっくり湯せん調理するのですが、なんと電子レンジだけでも作れてしまうんです。

材料/カロリー:約303kcal(ハーブソルトや黒胡麻など除く)

・卵……1個
・じゃがいも(大)……180g
・牛乳……100cc
・バター……7g

・塩、ハーブソルト、黒胡麻など……適量

作り方

1. じゃがいもを電子レンジで加熱する

まずはマッシュポテトのベースになるじゃがいもを加熱します。芽と皮をとったじゃがいもを水で濡らして電子レンジへ。600Wで10〜13分ほど加熱しましょう。

2. マッシュポテトを作る

じゃがいもがやわらかくなったら、マッシャーやフォークでていねいにつぶします。塊がなくなったら、牛乳とバター、塩やハーブソルトを加えてよく混ぜ合わせましょう。

3. ココット皿や耐熱瓶にマッシュポテトと卵を入れる

ココット皿や小さな耐熱性の瓶など、耐熱容器にマッシュポテトを敷き詰めたら、卵を割りいれます。このとき、爪楊枝で黄身に数箇所穴をあけましょう。

4. 電子レンジで1分加熱する

準備ができたらココット皿や瓶にラップをふんわりとかけて、電子レンジ600Wでおよぞ1分~1分半加熱します。電子レンジによって時間が変わってくるので、様子を見ながら行ってください。

5. できあがり!

特集

SPECIAL CONTENTS