フライパンやホットプレートで!餃子の皮を使った人気のピザレシピ15選。

フライパンやホットプレート、オーブンでも作れる、餃子の皮を使用した人気のピザレシピを紹介します。生地から作ると手間がかかるけど、餃子の皮を利用するとパパっと簡単にピザを作ることができますよ。この記事では、味付け別にレシピをご紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね!

2019年5月15日 更新

餃子の皮を使ってピザを作ろう♪

食べやすいサイズで、パリッとした食感が楽しい餃子の皮で作るピザ。小腹が空いたときにパパっと作れるうえ、餃子作りで皮があまったときに活用できるのも嬉しいポイントです。

また、フライパンやホットプレート、オーブンで作れるのも特徴のひとつ。さらに洋風・和風・スイーツとアレンジして楽しめる点も魅力的ですよね。今回はおすすめのレシピを味付け別にご紹介します。おつまみやおやつに作ってみてくださいね。

フライパンで作る場合

餃子の皮を使用して作るときはもちろん、アツアツのできたてを食べるのがピザの醍醐味のひとつ!家族や少人数で食べるときにおすすめなのが、フライパンで作る方法です。

ただし、ほかの調理方法より焦げ目がつきやすいので、心配な人はクッキングシートを敷いてからピザをのせて焼くようにしてくださいね。また下からしか火があたらないので、必ずフタをして弱火で焼くのがポイントです。

ホットプレートで作る場合

ホットプレートの魅力は、1回で作れる量が多いこと!仲間と集まってホームパーティーするときや誕生会にピッタリです。餃子の皮にピザソースをぬり、好みの具とチーズをのせたらオリーブオイルをぬったホットプレートにおきフタをして焼きます。

また具をトッピングする前に餃子の皮だけをホットプレートに重なるようにおいて、お花型にして作ってもキレイです。その場がワイワイと盛り上がりますよ♪

オーブンで作る場合

手軽に作れる餃子の皮のピザですが、オーブンで焼くと本格的な味を楽しめますよ。まず最初に天板を取りだしクッキングシートをしき、オーブンを200~250℃くらいに温めておきます。

大きなひとつのピザを作るように餃子の皮を重ねて、ソースをぬり具をトッピングしてチーズをのせ、5~10分くらい焼きめがつくまで焼けばOK もちろん皮1枚ずつ離して焼いても構いません。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう