連載

あなたの知らないバタートーストの世界!究極のバタートーストを作ろう

バタートースト評論家・梶田香織がお届けする連載第1回。バタートースト評論家?何それ?と思った皆さん、バタートーストの世界って実は驚くほど深く、そして広いのです。さあ、あなたも究極のバタートーストを作ってみませんか?レシピもご紹介します。

初めまして、バタートースト評論家です

めくるめくバタートーストの世界……
バタートーストなんてどこで食べても同じ。パン焼いてバター塗るだけでしょ?そんな声が聞こえてきそうです。
いいえ、違います!バタートーストには、それはそれは深く、そして広い世界があるのです!

この連載では、わたしが魅了されてやまないバタートーストの魅力について、そして究極のバタートースト作りを目ざして筆を進めていきたいと思います。
わたくし梶田香織はバタートースト好きが高じて、現在「バタートースト評論家」として活動しております。
喫茶店王国である名古屋で生まれ育ち、小学生時代に伯母が経営する喫茶店で出されたバタートーストがおいしくておいしくて大好きになり、美味しいバタートーストを求めて喫茶店を食べ歩くようになってざっと30年。
製パン会社の開発職を経て、バタートースト評論家としてテレビや雑誌に出演させていただいたり、各地のイベントで美味しいバタートーストの焼き方をお伝えしたりしている毎日です。

バタートーストは、ステーキと同じである

「バタートーストのなにがそんなに面白いの」と思われますか?
おいしいバタートーストは「職人技」の結集。作り方によっておいしさが激変するのです。
バタートースト評論家の私に言わせれば、「バタートーストはステーキと同じ」です!
バタートーストはよく「食パンを焼いてバター(やマーガリン)を塗るだけ」と言われます。それならステーキだって「お肉を焼いて塩こしょう(やソース)をかけるだけ」なのでは?

「いや、ステーキには肉の種類もたくさんあるし、厚みや焼き方だって……!!」
ちょいとお待ちを。バタートーストにだって、食パンの種類は山ほどあるし、人によって好きな厚みもある。それに焼き加減によって味や食感もずいぶん変わってきませんか?

フフフッ。バタートーストにもステーキに勝るとも劣らない、あなたの知らないこだわりどころがあるんですよ!

バタートーストはお店によって全然違う

バタートーストはお店によって、見た目も味もまったく違います。だからお店めぐりが楽しく、また自分の好みにピタリと合うお店に出会えると感激します。
こちらは東京・八重洲地下街の「アロマ 珈琲」さん。
こんなに分厚くて、あんこもジャムも付いていてビックリです!!

【特徴】
・山型食パン、1/2斤くらいの厚さが1枚
・バター類は塗られておらず別添え
・表面に格子状の切込み有り
・価格:450円
こちらは名古屋のチェーン店「コンパル」さんのバタートースト。
ちょっと食べたいという時にとっても助かるサイズとお値段です。 薄めなのにふんわりしっとりなところが魅力的。

【特徴】
・角食パン、6枚切りの厚さが1枚
・表面の切込みは無し
・120円 

名古屋のチェーン「支留比亜(シルビア)」日比野店さんのバタートーストは、運ばれてきたときに「わあ~」と声があがってしまうほどの迫力!ひと口食べるとジュワッとバターがしみ出るジューシーな仕上がりです。

【特徴】
・角食パン、6cm程の厚さが1枚
・切込みの一部が底面まで深く入っており、ちぎりやすく食べやすい。
・350円

ね、この3つだけを例にあげても意外とバリエーションが豊富だと思いませんか?

バタートースト作りの大切なポイント

さて、冒頭で「バタートーストはステーキと同じ」と書きました。厚みや焼き方など、お店や作り手によって本当に様々だからです。

では、おいしいバタートーストを作るためのポイントをご紹介していきます♩

まずはパン選び!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

バタートースト評論家 梶田香織

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう