前菜でテーブルを華やかに!「クロスティーニ」のレシピまとめ

イタリア語で「小さなトースト」を意味するクロスティーニ、上にオリーブオイルやチーズ、レバーペーストなどをのせて食べるんだそうですよ。ブルスケッタとの違いは、クロスティーニの方がサイズが小さく、にんにくでパンを香り付けしない点のようです。

2017年4月6日 更新

6、オイルサーディンクロスティーニ

パンに焼いためざしをのせてパセリを刻んだものをのせ、オリーブオイルとレモン汁をかけてすぐ食べられちゃいますよ!

7、オニオン&ベーコンマーマレードクロスティーニ

チーズは白チーズ(ブリーチーズ)を使います。マーマレードとオニオンを混ぜて軽く炒め、ベーコンも添えて。

8、グリルドアボカドカプレーゼのクロスティーニ

パンはあらかじめオリーブオイルを塗って焼いておき、それぞれにバジルの葉、アボカドのスライス、トマトのスライスをのせ、モッツアレラチーズものせましょう。塩コショウをふりかけて味をととのえます。再度軽くオーブンで焼き色をつければ完成です!

クロスティーニでテーブルを彩ろう

ほかにもお好きなフルーツをのせて食べてもおいしそうですね!アレンジして、オリジナリティあふれるクロスティーニを作ってください。

特集

FEATURE CONTENTS