西日本の屋台の定番!「はしまき」の由来と再現レシピ

東ではほとんど見かけませんが、西日本では定番の屋台グルメ「はしまき」。お好み焼きのようでありながらお好み焼きではなく、いろいろなバリエーションがあるそうなのですが、はしまきとは一体どんなものなのでしょうか?発祥やレシピを調べてみました。

「はしまき」とは何ぞや?

私は初耳だったのですが、大阪より西の地方のお祭りの屋台で主に見られるみたいですね、「はしまき」。お好み焼きを薄くしてくるくると箸で巻いて食べやすくしたものといえばいいんでしょうか?食べ歩きするにはもってこいの形ですよね。

大阪といえば、タコ焼き・お好み焼きなど粉もん文化の街として有名ですが、この「はしまき」も人気が出るのはわかる気がします。

もっともこの「はしまき」は四国の屋台などでも見かけられ、「博多名物」と書かれたりもしているようなので、実際どこの発祥なのでしょう。

屋台の味を再現!のレシピをご紹介。

簡単おいしいはしまき

キャベツとネギ、チーズを入れて作りましょう。焼くときは巻き終わりを下にして。具材を入れすぎると焼きづらいので、ちょっと控えめにして焼きます。

粉もん文化に助けられ、はしまき苦肉の策

タコ焼きの粉を使って作ります。キャベツはみじん切りに。青のりや天かすもたっぷりトッピングしましょう!

はしまきの進化形?こんなものもありました。

このようにエビせんべいの上にはしまきがのっているという形も見かけました。これだとトッピングの青のりやマヨネーズもせんべいで包んでしまえば落ちちゃう心配もなく無駄なく食べられて合理的でいいかも?

追記・京都には壱銭洋食というものがあります。

上の写真が「壱銭洋食」。大正時代から昭和の初期に駄菓子屋で作られていたメニューでお好み焼きの前身ともいえるものです。今はお好み焼きを「洋食」?って不思議ですが、当時はソースがかかっているものはなんでも洋食とされたそうですよ。一銭で子供用に販売されていたんだとか。

当時の壱銭洋食の良さを今に伝えるお店が京都・祇園にあります。詳しくは公式サイトにて。
余談ですが名古屋にも、はしまきのような形で箸には巻かれていないものの、アルミで包んで販売している食べ歩きに便利な「100円お好み」というのがあります。まだまだ各地にそういうお好み焼きがあるかもしれないですね。

特集

SPECIAL CONTENTS