ローディング中

Loading...

東ではほとんど見かけませんが、西日本では定番の屋台グルメ「はしまき」。お好み焼きのようでありながらお好み焼きではなく、いろいろなバリエーションがあるそうなのですが、はしまきとは一体どんなものなのでしょうか?発祥やレシピを調べてみました。

「はしまき」とは何ぞや?

私は初耳だったのですが、大阪より西の地方のお祭りの屋台で主に見られるみたいですね、「はしまき」。お好み焼きを薄くしてくるくると箸で巻いて食べやすくしたものといえばいいんでしょうか?食べ歩きするにはもってこいの形ですよね。

大阪といえば、タコ焼き・お好み焼きなど粉もん文化の街として有名ですが、この「はしまき」も人気が出るのはわかる気がします。

もっともこの「はしまき」は四国の屋台などでも見かけられ、「博多名物」と書かれたりもしているようなので、実際どこの発祥なのでしょう。

屋台の味を再現!のレシピをご紹介。

簡単おいしいはしまき

キャベツとネギ、チーズを入れて作りましょう。焼くときは巻き終わりを下にして。具材を入れすぎると焼きづらいので、ちょっと控えめにして焼きます。

粉もん文化に助けられ、はしまき苦肉の策

タコ焼きの粉を使って作ります。キャベツはみじん切りに。青のりや天かすもたっぷりトッピングしましょう!

はしまきの進化形?こんなものもありました。

このようにエビせんべいの上にはしまきがのっているという形も見かけました。これだとトッピングの青のりやマヨネーズもせんべいで包んでしまえば落ちちゃう心配もなく無駄なく食べられて合理的でいいかも?

追記・京都には壱銭洋食というものがあります。

上の写真が「壱銭洋食」。大正時代から昭和の初期に駄菓子屋で作られていたメニューでお好み焼きの前身ともいえるものです。今はお好み焼きを「洋食」?って不思議ですが、当時はソースがかかっているものはなんでも洋食とされたそうですよ。一銭で子供用に販売されていたんだとか。

当時の壱銭洋食の良さを今に伝えるお店が京都・祇園にあります。詳しくは公式サイトにて。
余談ですが名古屋にも、はしまきのような形で箸には巻かれていないものの、アルミで包んで販売している食べ歩きに便利な「100円お好み」というのがあります。まだまだ各地にそういうお好み焼きがあるかもしれないですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブーム到来の予感! ワインのようなフルーティーさが人気 「北欧コーヒー」とは?

アメリカや日本といった世界でも有数のコーヒー消費国をおさえ、フィンランドやノルウェーといった北欧の国々が世界のなかで圧倒的な消費量を誇ることをご存知ですか? 実はここ最近、その独特なフルーティーな風味がウケ、…

実は知らないことばかり!? ブラジルコーヒーの楽しみ方

ブラジルといえば、コーヒーの生産で有名なのをご存知でしたか?今回は「ブラジルコーヒー」についてご紹介します。ブラジルにはコーヒーの秘密がいっぱい!ブラジル人は超甘党で砂糖をたくさん入れるとか!?併せて、淹れ方…

【意外過ぎ】京都には「食べるお香」がある!? 食べる○○の常識を逸脱!!

最近、食べる○○というジャンルのグルメが増えてきましたよね。実は京都には驚きの食べるお香が存在するのです。一体どのようにしてお香を食べているのでしょうか…?

サードウェーブ・コーヒーとは? 珈琲好きへオススメする3つの理由

コーヒー好きの間で話題となっている「サードウェーブ・コーヒー」。なんでもファーストウェーブ、セカンドウェーブと続く、コーヒー界における新たなムーブメントのことを指すのだとか。一体どのような特徴があるのでしょう…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

網目なんてシンプルすぎ!「メロンパンdeコッタ」でおしゃれにデコって♩

いまInstagramで注目度急上昇のハッシュタグ「#メロンパンdeコッタ」はご存知ですか?メロンパンを思い思いにデコるアイデアで、すてきな写真がたくさん投稿されているんですよ。今回は、そんな「メロンパンde…

空き缶がおしゃれインテリアに変身!「リメイク缶」の作り方をチェック

使い終わった空き缶、そのまま捨てていませんか?そのまま捨てるのではなく、「リメイク缶」として再利用してみましょう。今回は、エコでおしゃれなリメイク方法と活用法をご紹介します。見たら作ってみたくなること間違いな…

パスタをテイクアウト⁉︎「スパゲティインシデント」にニューヨーカーも夢中♩

次々新しい食文化を発信するNYで、スパゲティを食べ歩きできる画期的なお店「スパゲティインシデント」が話題になっています。アイスクリームのコーンを大きくしたような容器に、パスタを入れて食べるのだとか。人気のメニ…

ページTOPに戻る