連載

スイーツコンシェルジュが選ぶ!夏にピッタリひんやり手土産スイーツ4選

食欲不振や夏風邪など、体調を崩しやすい時期は、スイーツを贈って元気になってもらいましょう。今回はスイーツのスペシャリスト資格を持つ「スイーツコンシェルジュ」が、おすすめの「ひんやり手土産スイーツ」を紹介します。

涼しげなスイーツでクールダウン!

連日の猛暑で、周りにお疲れぎみの人は増えていませんか? 今回は“ひんやり”をテーマに、見た目が涼しいスイーツ、冷やして食べるとさらにおいしくなるスイーツ、清涼感を味わえるスイーツを紹介します。

今の季節にしか食べられない限定商品や、老舗蕎麦屋が作る和スイーツもあるので、ぜひ大切な人に贈ってみてください。

今回は4名のコンシェルジュが、夏にピッタリひんやりスイーツを紹介。

1. 両口屋是清の「夏季限定 ささらがた」

透明感のある涼しげな見た目の錦玉羹(きんぎょくかん)、夏の風物詩のひとつでもあります。「両口屋是清(りょうぐちやこれきよ)」から、8月下旬までの夏季限定で販売されているのが、この「夏季限定 ささらがた」(5入/1,188 円)。

レモンピールをアクセントに、さわやかな檸檬風味が広がる「れもん」。ほのかな白桃の香りと、みずみずしい甘さが特長の「白桃」。

そして、新作の「すいか」は見た目がすいかそのもの。ほんのりと甘く、冷やして食べてもおいしい。

食べやすい一口サイズで、日持ちも一カ月と長く、お中元や手土産に重宝します。キラキラと透き通った美しさの棹菓子で、夏の和を感じてみませんか?
【執筆者】
スイーツコンシェルジュ:寺嶋菓誉子

2. anovanの「生ブッセ」

東京銘菓・ナボナでおなじみの「亀屋万年堂」が展開する新ブランド「anovan(アノヴァン)」。職人による確かな技術のもと、全て徹底的にこだわり抜いて作られるブッセの生地は、口に入れるとふんわりと軽く、やわらかく、ほどけるような優しい食感。

中にサンドされるクリームも、フレッシュで濃厚、やさしい甘さの特製クリームです。ベースとなるのは、新鮮な牛乳と卵黄を独自の比率で配合し、丁寧に炊き上げたカスタードクリームと、乳脂肪分48%の最高級純生クリーム。

これにフランス産クリームチーズや北海道産マスカルポーネチーズ、いちごの果肉やチョコレートなどを混ぜてフレーバーを作り上げています。

毎日店舗の工房で仕上げるそのクリームをブッセの生地に挟み、しっかり冷やすことで完成する新感覚のひんやりスイーツ。コロンとした見た目も可愛らしく、お値段も1個300円と手頃。夏にピッタリな手土産スイーツです。
【執筆者】
スイーツコンシェルジュ:フードアナリスト愛

店舗情報

所在地:150-0001 渋谷区神宮前4-26-22 原宿Hビル1階
電話番号:03-6434-7411
営業時間:11:00~20:00
※商品が売り切れとなりました場合は、
営業時間内でも閉店とさせていただきます。
あらかじめご了承ください。

3. ヒトツブカンロの「東京駅舎復原記念限定商品 フルーティアロマのど飴」

夏休みを迎え混雑が続く東京駅。エキナカの商業施設・GRANSTA(グランスタ)の中でも一際目を引くのが、飴入りの小さなバッグが壁一面に飾られた「ヒトツブカンロ」。老舗キャンディメーカーであるカンロ株式会社のコンセプトショップです。

“暮らしに潤いを与えるキャンディを美しくデザインすることで、さらに私たちの暮らしをもっと豊かにしたい”という思いから作られただけあって、お店にはおしゃれな商品が並びます。

今回おすすめする「東京駅舎復原記念限定商品 フルーティアロマのど飴」(3種各390円)は、新駅舎をデザインしたスタイリッシュな缶入りタイプののど飴。ノドがひんやりするブルーミント&シトラスのほか、梅&ハーブ、はちみつレモンの3種類。

いずれもスッキリとしたフレーバーです。夏は冷房により意外とノドを痛めやすく、のど飴をカバンに入れている人も多いので、体をいたわるプチギフトはきっと喜んでもらえるはず。
【執筆者】
スイーツコンシェルジュ:山本愛

店舗情報

所在地:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-9-1JR東京駅構内B1F グランスタ内
電話番号:03-5220-5288
営業時間:月〜土:8:00〜22:00 日・祝日:8:00〜21:00

4. 湧水の「そばようかん」

特集

SPECIAL CONTENTS