新横浜駅のハズさないお土産16選!取り扱い店と通販商品も勢ぞろい

新横浜に行ったからにはお土産を買いたいものの、せっかくなら失敗は避けたいですよね。種類も豊富で迷ってしまう、そんな悩みを解消するべく、ここではお土産の通販商品を16個ご紹介。取り扱い店舗も掲載しているので参考にしてください。

お土産を買うなら新横浜駅が便利!

東海道新幹線とJR横浜線が行き交う「新横浜駅」は、利便性が高くビジネスや観光の拠点となっています。

終日、人で賑わう新横浜駅には便利な買い物スポット「キュービックプラザ新横浜」が併設。施設内には、横浜をはじめ、神奈川県や東京の名産品を扱う店舗が集まっていますよ。

新横浜駅改札内から直結しているので、電車の待ち時間やお土産の買い忘れをしたときにぷらっと立ち寄れる気軽さが嬉しいですね。魅力的なお土産がたくさんあるので、買い物にもってこいのスポットなんです。それでは、新横浜駅でおすすめのお土産と取り扱い店舗を紹介します。

グランドキオスク新横浜で買えるお土産5選

1. ウイッシュボン「横濱レンガ通り」

「ウイッシュボン」は、“美味しいものを美味しいときに”をコンセプトに1981年に創業。以来、横浜の菓子処として名を挙げていますよ。グランドキヨスク新横浜内でも、お土産の人気上位にあがる銘菓を提供しています。
ウイッシュボンの看板商品『赤レンガ通り』は、異国情緒ある横浜をイメージしたお菓子です。アーモンドたっぷりの生地でキャラメルをサンド。パリッとした食感と、香ばしいアーモンドの香り、口でとろけるキャラメルが絶妙ですよ。

2. 崎陽軒「シウマイ(真空パック入り)」

100数十年の歴史を誇る、横浜を代表する食品メーカー。「崎陽軒」はシウマイで有名ですが、お弁当・肉まん・あんまん・月餅なども各種販売しており、お土産としても人気なんです。また、中華・イタリアンのレストラン、ビアホールを運営しています。
崎陽軒のシウマイは、昭和3年からのレシピを守り続けた変わらぬ味わいが魅力です。このシウマイには豚肉とホタテの旨味が凝縮していて、ひと口食べたらもう1個箸が伸びるおいしさ。真空パックで60日間の賞味期限があるので、遠方へのお土産にも便利ですよ。

3. 横浜菓子 ありあけ「横濱 ハーバー ダブルマロン」

グランドキオスク新横浜でも人気のお土産を提供する「ありあけ」。1936年に創業し、横浜を代表するお菓子を作るも、1999年に倒産。もう一度あの味を食べたいと、ありあけのお菓子をこよなく愛する人たちが集まり、2001年に復活を果たしたんです。
『ハーバー』は、その昔テレビCMで「ありあけ~の ハーバー♪ 」でお馴染みだった銘菓。刻んだ栗がちりばめられた生地はとても柔らかく、ほどよい甘さの栗餡を包んでいます。栗の香りが楽しめて、どなたにも喜ばれるお菓子ですが、ご年配の方からは子供の頃の懐かしい味わいと好評です。

4. フランセ「横濱ミルフィユ」

神奈川県横浜市金沢区に拠点をもつ洋菓子の「フランセ」。横浜をテーマにしたお菓子が豊富で、『横濱マドレーヌ』『横濱ハニーシトロン』などあります。実力派のフランセは、モンドセレクションはじめ、数々の賞を受賞しているんですよ。
こちらの『横濱ミルフィユ』は横浜の街をデザインしたパッケージで、いかにも横浜らしいお土産のひとつではないでしょうか。芳香な紅茶のクリームを、サクサクのパイ生地で何層にもサンド。コクのあるチョコでコーティングした贅沢なミルフィユなんです。

5. 銀のぶどう「シュガーバターサンドの木」

グランドキオスク新横浜内で、人気のお土産を提供する「銀のぶどう」は、東京に本社があります。お菓子事業のほかに、食器事業・飲食店事業を展開。東京で大ヒットしたお土産『東京ばな奈「見ぃつけたっ」』は、この「銀のぶどう」で開発されたんですよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Cucina_mamma

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう