アメリカの煮込み料理「ガンボスープ」の基本レシピ&アレンジ3選

オクラスープという意味の「ガンボスープ」のレシピをご紹介します。アメリカのケイジャン料理で、オクラでとろみをつける、スパイシーなトマトベースの煮込料理です。もちろん、お子様でも食べられるレシピもあるので、ぜひお家で作ってみてください♪

ガンボスープってどんな料理?

ガンボスープは、アメリカ南部で食べられている「ケイジャン料理」で、ブイヤベースがルーツと言われています。ガンボスープのガンボは、英語で「gumbo」といいオクラを意味し、その名前の通り、オクラをふんだんに使ってとろみをつけた煮込み料理なんですよ。

ガンボスープの基本レシピ

材料(4人前)

無塩バター……大さじ1杯
小麦粉……大さじ2杯
セロリ……1/2本
タマネギ……1/2個
ピーマン……1/2個
にんにく……1片
水……200cc
トマト缶……1缶
大きめのエビ……8尾
かに缶……2缶
オクラ……2パック
チリソース…適量
塩……少々
胡椒……少々

下準備

・セロリ、タマネギ、ピーマン、にんにくはみじん切りにします。
・オクラは輪切りにします。
・エビは殻をむいて、背わたを取りましょう。
・かに缶は水気を切っておきましょう。

作り方

1. ダッチオーブンあるいは厚手の鍋を中火にかけ、バターを溶かし小麦粉を炒め、茶色いルーができるまで、20分ほど混ぜながら加熱します。

2. 別のフライパンに、オリーブオイル、もしくはバター(分量外)を入れ、にんにくを軽く炒めたら、エビを入れ強火で炒めます。

3. 1の鍋にセロリ、タマネギ、ピーマン、を加えて5分間火が通ったら、2のエビとオクラ、水、トマト缶を入れてしっかりと混ぜ、チリソース、塩胡椒で味を調えます。

4. 沸騰するまでは強火で、沸騰したら火を弱めて、1.5時間から2時間煮込みましょう。

5. 水気を切っておいたかにをを入れて、10分ほど火を通したらできあがり♪

ポイント

・煮込む時間が長いので、圧力鍋を使うと時短になります。
・エビを炒めるとき、白ワインをさっとかけると臭みがとれるのでおすすめです。
・食べるときは、ご飯やバゲットにつけるのが本場の食べ方なので、試してみてください。

ガンボスープのアレンジレシピ3選

1. 鶏もも肉のガンボスープ

ガンボスープは、エビやかになどのシーフードを使うレシピと、お肉を使うレシピがあるんです。これは鶏もも肉やウインナーを使って作ります。また、コンソメやたくさんの香辛料を使うので、コクのあるスパイシーなひと品に仕上がります。

2. タバスコで作るガンボスープ

チリパウダーやカイエンペッパーがないときは、タバスコで代用してみましょう。唐辛子の辛さと、お酢の酸味がきいたガンボスープに仕上がります。基本的なガンボスープよりも、さっぱりと食べたい方におすすめ!

3. お子様も食べれるガンボスープ

特集

SPECIAL CONTENTS