優雅なブランチを♪ 「ガレット」のおすすめ&人気レシピ10選

写真映えもして、おしゃれと人気な「ガレット」今回はじゃがいも人気レシピをmacaroni動画でご紹介!おいしくて健康的、朝食やランチにもピッタリな「ガレット」は、ママ会やブランチ、おやつの時間などいつの時間でも活用できるお手軽レシピです。ぜひおためしあれ♪

「ガレット」とは?

「ガレット」とはフランス、ブルターニュ地方の郷土料理。ガレットはフランス語で「薄く円盤状に焼いたもの」という意味があるそう。なので材料はなんでもOK!しかし、日本でガレットと呼ばれるものは、そば粉が使われています。

粉を練った生地を薄い円形に焼き、正方形に折りたたむのが一般的なガレットの形です。肉や魚、卵、チーズなどの具を包んだガレットのほか、最近ではジャムなどを包みデザートとしていただくことも多いよう。

基本のそば粉のガレットのレシピ

そば粉のガレットの中で最もポピュラーなこちら。卵、チーズ、ハムの全てを使ったガレットです。シンプルな中にもそば粉の風味が生き、やさしい味わいを楽しめます。朝食にもブランチにも、3時のおやつにもぴったりのこちらのレシピです。

ガレットを作るときのコツ・ポイント

よく焼いてカリカリ食感を

おいしいポイントのひとつでもある食感は、ガレットを焼く際にしっかり焼くことで生み出されます。さらに、ヘラでフライパンに押し当てながら作ると、もっとカリカリ食感に!

ジャガイモは洗わずに!

じゃがいもは洗ってしまうとでんぷんが流れてしまい、焼いてもかたまらなくなります。そのまま使うことで焼き固めることができます。洗いたくなる気持ちもあるかもしれませんが、そのまま使うようにしましょう。

いろんな材料で作ろう!ガレットの人気レシピ5選

1. 豆苗ガレット

シンプルなそば粉のガレットに、豆苗を合わせたレシピです。シンプルな材料で作っているので、重くありません。軽くランチを食べたいときにぴったりなレシピです。さっと手早く作れるので、時間がなくてもすぐ作れてしまいますね。

2. キノコとチーズのガレット

うま味をたっぷり含んだ、いろんなキノコのソテーを包んだこちらのガレット。真ん中にのせた卵黄にナイフを入れたらとろーりとした黄身が……♪ 見た目もおいしさの秘訣!キノコのソテーに使うローズマリーとタイムは香り高く、ワインとも合いそうです。

3. 千切りかぼちゃのガレット

皿に盛られた千切りかぼちゃのガレット

Photo by macaroni

断面の黄色が鮮やかなかぼちゃのガレットです。スライサーを使ってかぼちゃを千切りにしたら、粉でまとめてフライパンで焼くだけの簡単レシピ。そのままでもおいしいですが、お好みでソースをかけてください。アンチョビの塩気は、酒の肴にもぴったりですよ。

4. しらすと大葉のじゃがいもガレット

保存容器に入れられたしらすと大葉のじゃがいもガレット

Photo by macaroni

こちらは作り置きもできる、しらすと大葉のじゃがいもガレットのレシピです。さっぱりした味わいで、軽い仕上がり。次へ次へと箸がすすんでしまうひと品です。ほくほく食感があとを引くおいしさですよ。朝食やおやつにもおすすめです。

5. さつまいもガレット

特集

SPECIAL CONTENTS