ポルトガルの万能調味料「マッサ」が熱い!基本とアレンジレシピ6選♪

ポルトガルの万能調味料「マッサ」塩麹やラー油など調味料ブームの次に来るのがこれだといわれています。パプリカと塩があれば簡単に手作りでき、料理に入れるとぐっとおいしさもアップするそうですよ♪基本の作り方とアレンジレシピをご紹介しますね。

2019年12月18日 更新

ライター : noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われます^^;

1、マッサ・基本の作り方

赤パプリカを4等分して種とワタを取り除き、塩漬けにします。1週間冷蔵庫で保管したあと、1日天日で干してフードプロセッサーにかけます。オリーブオイルと混ぜ合わせれば完成です。

2、目玉焼き マッサソース添え

目玉焼きの調味料としてマッサを。ケチャップと混ぜて使うそうです。味にアクセントがついておいしそう♪

3、手作りマッサでドレッシング

トマト缶とマッサ、オリーブオイルやすし酢を合わせて特製ドレッシングを作ります。色目も鮮やかに仕上がりますね♪もう一種類はマッサとマヨネーズをあえるドレッシング。

4、パプリカの風味が美味!マッサ!

こちらは発酵まで2日ほど待つマッサの作り方です。ローストビーフや魚のソテーにもあいますよ!

5、マッサでスープ

6、 マッサ・デ・ピメント(赤パプリカペースト)で 豚肉炒め

こちらは市販のマッサをつかってのレシピですが、にんにくのみじん切りとマッサと白ワインをよく混ぜて豚肉につけ20分置きます。オリーブオイルで豚肉をこんがり焼いていただきましょう!
ポルトガルでは、醤油や味噌のような感覚で、下味にも使われているというこの「マッサ」材料は2つあればできますので、あなたも是非作ってみてくださいね。
こちらの記事も是非どうぞ^^
マッサで肉を漬け込んで肉のうまみをアップさせるんですって。コトコトと気長に煮込んでいただきましょう!

特集

FEATURE CONTENTS