ライター : mezamashicook

管理栄養士、トマト愛好家

普段は施設の管理栄養士、休日は引きこもり系社会人。トマトを愛していて、世界中のトマト農家に感謝しています。好きなことは図鑑を読むこと。

牛脂とは

牛脂はその名のとおり、牛肉の脂を精製した食用油脂。ヘットと呼ばれることもあります。白色の大きなサイコロのような形状をしており、個別包装され、お肉屋さんやスーパーなどの精肉コーナーで手に入れることができます。

ステーキを焼くときやすきやきを作る際におなじみの食材ですが、旨味があり、いろいろな料理に使うことができますよ。

お肉にプラス!牛脂を使うメインの人気レシピ5選

1. なつかしい味わい。牛肉コロッケ

食べるとほっとする、やさしい味わいの牛肉のコロッケです。じゃが芋に比べて牛ひき肉の量は少なめですが、牛脂を使うため旨味がしっかり感じられます。サクサクに揚げたら、手軽に作れる特製ソースでいただきましょう。

2. おいしさお店レベル!粗びきハンバーグ

使用するのは牛と豚の薄切り肉!牛脂は焼くときに溶かすのではなく、粗みじんにして肉と合わせタネにします。お店で提供されるような、ジューシーで旨味たっぷりのハンバーグを味わえますよ。

3. 味がしみしみ♪ こくうま肉豆腐

ご飯はもちろん、お酒にもよく合うすきやき風肉豆腐です。フライパンに牛脂を溶かし、牛肉を炒め、玉ねぎを焼き、醤油やみりんなどの調味料を加えて豆腐を煮るため、旨味を逃さず調理。甘辛い味付けでごはんがすすみますよ。

4. 焼き肉のタレで簡単!牛肉としょうがの炒め物

味付け簡単!調味料に市販の焼き肉のタレを使う甘辛炒めです。牛脂を使用するので、食材同士の味がよく馴染みます。薄切りしょうがもたっぷり入り、爽やかな刺激がありますよ。時短調理ができるので時間がないときのおかずはもちろん、お弁当にもおすすめです。

5. 簡単にできます!手作りローストビーフ

記念日やパーティ、来客時にもぴったりのローストビーフです。牛肉は好みの部位でOKですが、脂が多い部位がおすすめ。牛脂を使うことで、安価な肉でもワンランクアップの風味に。アツアツでも冷やしてもおいしくいただけます。牛大根おろしにポン酢がよく合いますよ♪

編集部のおすすめ