無料で料理をランクアップ!「牛脂」を活かす絶品レシピ20選

精肉コーナーなどでよく見かける、小袋に入っている牛脂。使うのはすきやきやステーキだけ、と思っていませんか?うまみのつまった牛脂は、スープや炒めものなどにも大活躍。おいしいチャーハンを作ることもできるんです。牛脂を使ったおすすめのレシピをたっぷりご紹介します。

2019年8月26日 更新

ライター : yuyuknight

占い師

北海道在住の占い師。食道楽が高じて記事書くようになりました。(笑)手作りパンにハマっています。

牛脂とは

牛脂はその名のとおり、牛肉の脂を精製した食用油脂。ヘットと呼ばれることもあります。白色の大きなサイコロのような形状をしており、個別包装され、お肉屋さんやスーパーなどの精肉コーナーで手に入れることができます。 ステーキを焼くときやすきやきを作る際におなじみですが、うま味があり、いろいろな料理に使うことができます。

【スープ】牛脂を使った人気レシピ3選

1. 濃厚な味わい♪ 「干ししめじのスープ」

濃厚な味わいを楽しめる、干ししめじのスープです。ニンニクと干ししめじを牛脂で炒めた鍋に、干ししめじの戻し汁とコンソメを投入。味の深みとうまみが絶妙で、体もポカポカになりますよ。時間をかけて干ししめじを戻し、おいしい出汁をとりましょう。

2. 時短でできる!「キムチスープ」

4つの材料でできる、キムチスープのレシピです。作り方は簡単。ざく切りにした白菜としめじを牛脂で炒め、キムチを加えて煮るだけです。ボリュームたっぷりなのに時短でできるので、時間がないときにもおすすめのひと品に。

3. 甘さにほっこり♪ 「さつまいものコンソメスープ」

具材は、サイコロ状にカットしたさつまいもと玉ねぎとにんじん!かわいくてほっこりするコンソメスープです。野菜は煮る前に牛脂で炒めておくため、うまみがありやわらかい食感に。さつまいもの甘みも楽しめます。

【おかず】牛脂を使った人気レシピ7選

4. なつかしい味わい「ビーフコロッケ」

食べるとほっとする、やさしい味わいのビーフコロッケです。じゃが芋に比べて牛ひき肉の量は少なめですが、牛脂を使うためうまみがしっかり。サクサクに揚げたら、手軽に作れる特製ソースでいただきましょう。

5. おいしさお店レベル!「粗びきハンバーグステーキ」

使用するのは牛と豚の薄切り肉!牛脂は焼く時に溶かすのではなく、粗みじんにしてお肉と合わせタネにします。お店で提供されるような、ジューシーでうまみたっぷりのハンバーグを味わえますよ。

特集

FEATURE CONTENTS