「加圧トレーニング」って何? 効果を高める食事法も知りたい!

今回は、人気の「加圧トレーニング」についてご紹介します。トレーニング前後の食事にも気を使うことで、より効果的に体を鍛えることができるでしょう。適度な圧力と賢い食事で、効率良く理想の体型を目指してみませんか?

「加圧トレーニング」とは

加圧トレーニングとは、専用のベルトを使って腕と脚の付け根に圧力をかけ、血流をある程度制限しておこなうトレーニングのこと。比較的少ない負荷と短い時間で効果が実感できると、男女を問わず人気のトレーニング法なんですよ。

ただし、元々はボディビルダーのために始まったトレーニング法であるため、圧力の度合いを間違えると予想以上に筋肉が大きくなってしまうこともあるようです。余計な脂肪を落とすのが目的の方は、注意しましょう。

加圧トレーニングにおけるダイエット効果

血流を制限してトレーニングをおこなうことで、低負荷かつ短時間で筋力アップを目指せます。筋肉が鍛えられれば、基礎代謝が上がって太りにくい体質に

また、加圧トレーニングでは成長ホルモンの分泌が積極的におこなわれることが分かっています。(※1)成長ホルモンには、筋肉などの強化だけでなく、脂肪を分解する作用もある(※2)ので、ダイエットには効果的なんですよ。

目的によって加圧の度合いは慎重に

ひと言に「加圧トレーニング」といっても、さまざまな強度があります。女性の場合、筋肉を大きくするというよりは、引き締まった体型を目指すという方が多いはず。強度の選択は、慎重におこなったほうがいいでしょう。

心配な方は、加圧トレーニングの経験を積んだトレーナーのいるジムを、あらかじめ調べておくといいかもしれませんね。

前後の食事でより効果的に!

トレーニング前の食事

トレーニングをする前は、胃腸に負担をかけないように、消化の良いものを選ぶようにします。また、トレーニング時に糖分は大きなエネルギー源になってくれるため、摂取しておくのがいいでしょう。

特におすすめなのが、バナナ。しっかりと糖分が含まれているうえに、消化しやすいというメリットがあります。トレーニングの30分前に食べるのがベストです。

トレーニング後の食事

たくさんエネルギーを使ったトレーニングのあとは、栄養を吸収しやすい状態にあります。そのため、直後に食べるものが重要。

最適なのは、プロテインを飲むことです。たんぱく質は筋肉の材料となる成分なので、プロテインをトレーニング直後に摂取することで、筋肉の成長につながります。糖質や脂質は、脂肪の原因となるため、直後の摂取は控えるのが無難でしょう。

加圧トレーニング後におすすめの食品

「たんぱく質は筋肉を作る材料になる」というのはよく知られていることですが、たんぱく質であればなんでもいいわけではありません。たんぱく質はアミノ酸という成分が集合して構成されており、なかでも体内で合成できないアミノ酸を「必須アミノ酸」と言います。

必須アミノ酸は、筋肉をはじめ、髪の毛や爪など、わたしたちの体を作る大切な成分。この必須アミノ酸が含まれているたんぱく質は「良質なたんぱく質」と呼ばれ、摂取することが推奨されています。

食品中に必須アミノ酸がバランス良く含まれているかは、「アミノ酸スコア」という数値で表されます。100を満点とし、数値が高いほど良質なたんぱく質を含んでいると言えます。ここからは、アミノ酸スコアが高い食品をご紹介しましょう。

鶏肉

たんぱく質を含んだ食品の代表格とも言えるのが、お肉ですよね。鶏肉・豚肉・牛肉ともに、アミノ酸スコアは100です。(※3)しかし、豚肉と牛肉は比較的脂質が多め。トレーニング効果を高めるには、鶏胸肉やささみなど、脂質の少ないものを選ぶと良いでしょう。

卵も、トレーニングのお供には定番の食材です。アミノ酸スコアは100で(※3)、お肉と同様に良質なたんぱく質を含んでいます。油を使う目玉焼きやスクランブルエッグより、ゆで卵にしていただくのがおすすめですよ。

乳製品

特集

SPECIAL CONTENTS