薬にも毒にも!?「運動後の食事」に何を食べるべきか知っておこう

健康でいるために、運動することはとても大切ですね。今回は、運動後にとる食事についてお話ししたいと思います。食べ過ぎはもちろんアウトですが、どんな食品を選ぶかも大切なんですよ。この記事を参考にして、運動を効果的にしてくれるような食事を心がけましょう!

2019年3月22日 更新

太るのを阻止!運動後は食事に気を遣おう

健康のため、ダイエットのため、体づくりのため、日々の運動を欠かさないという方は、少なくないことでしょう。運動をする上で無視できない要素のひとつに、"食事"があります。運動後に何を食べるかで、運動の効果を高めることもできるんです。

では一体、運動後にどんな食べ物をとるのが理想的なのでしょうか。まずは、食事をとるのに最適なタイミングから見ていきましょう。

食事をとるベストなタイミング

みなさんは、運動してどれくらいの時間が経ってからご飯を食べていますか? 時間を決めている方もいれば、何も気にせずにお腹が空いたら食べるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

運動直後がおすすめ

実は、運動後の食事は直後がおすすめ。運動したあと、体は一種の飢餓状態になっており、栄養の吸収が効率よくおこなわれ、筋肉の合成も進んでいるんです。

この状態は運動後45分間とされ、「ゴールデンタイム」とも呼ばれているんですよ。食事、特に筋肉のもととなるたんぱく質を摂取するなら、このゴールデンタイムの間がベストでしょう。

深夜はなるべく運動前に食べる

しかし、運動するのが夜遅くということなら、話は変わります。仕事終わりにジョギングをし、そのあとご飯となると24時を超える……というように、明らかに食べる時間が遅くなってしまう場合には、運動前に軽く食べるくらいがちょうどいいでしょう。

運動前にしっかりと食事をとると、腹痛などの不調などを引き起こしかねないので、あくまでも軽く食べるのが大切。そうすれば、夜中にたっぷり食べてしまうという事態を防げます。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう