ライター : sasa_mi

管理栄養士

高齢者施設の管理栄養士としての勤務経験から、食べることは人生を豊かにするということを実感。現在はmacaroniライターとして、子供から高齢者までが一緒に食事を楽しめるよう、役立つ…もっとみる

太るのを阻止!運動後は食事に気を遣おう

人間にとって運動は、生活習慣を整えたり、筋力や体の機能を維持したりするために大切です。しかし運動後は体に蓄えられているエネルギーがなくなり、加えて筋肉の細胞が傷付いている状態。そのためエネルギーとなる糖質や、筋肉の修復や合成に必要なたんぱく質を食事で補う必要があります。

食事に摂り入れる栄養素や食べるタイミングを意識して、健康的な体作りを目指しましょう。(※1,2)

食事を摂るベストなタイミング

運動直後がおすすめ

運動直後は多くのエネルギーや栄養素を消費した状態であり、たんぱく質やアミノ酸をはじめとする栄養素を吸収しやすい状態です。また、運動後45分以内は体内のアミノ酸がたんぱく質に変わり、筋肉を形成する「タンパク同化作用」が盛んになります。

運動後の食事では、筋肉の形成に役立てるために、たんぱく質の摂取を意識しましょう。(※3)

夜に運動するなら運動前がおすすめ

仕事終わりにジムに通うといったように、運動後の食事が遅い時間になる場合は、運動前に食べましょう。

夜遅く食事を摂ると、摂取したエネルギーが使用されないため、 体内に脂肪を蓄積しやすくなってしまいます。夕食は就寝の2~3時間前に、軽めに食べるのが理想的ですよ。(※4,5)

食べ物や料理を選ぶポイント

たんぱく質(アミノ酸)を摂る

たんぱく質は筋肉や皮膚を作る材料であり、運動後の傷付いた筋肉を修復するために必要です。また、消化によって、体内でアミノ酸になります。

アミノ酸は運動中のエネルギー代謝にかかわったり、疲労を和らげたりする作用があり、筋肉の合成や筋肉痛の軽減に役立ちますよ。アミノ酸のなかでもBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)は、筋肉のエネルギー源になります。(※2,6)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS