薬にも毒にも!?「運動後の食事」に何を食べるべきか知っておこう

健康でいるために、運動することはとても大切ですね。今回は、運動後にとる食事についてお話ししたいと思います。食べ過ぎはもちろんアウトですが、どんな食品を選ぶかも大切なんですよ。この記事を参考にして、運動を効果的にしてくれるような食事を心がけましょう!

太るのを阻止!運動後は食事に気を遣おう

健康のため、ダイエットのため、体づくりのため、日々の運動を欠かさないという方は、少なくないことでしょう。運動をする上で無視できない要素のひとつに、"食事"があります。運動後に何を食べるかで、運動の効果を高めることもできるんです。

では一体、運動後にどんな食べ物をとるのが理想的なのでしょうか。まずは、食事をとるのに最適なタイミングから見ていきましょう。

食事をとるベストなタイミング

みなさんは、運動してどれくらいの時間が経ってからご飯を食べていますか? 時間を決めている方もいれば、何も気にせずにお腹が空いたら食べるという方もいらっしゃるかもしれませんね。

運動直後がおすすめ

実は、運動後の食事は直後がおすすめ。運動したあと、体の中では成長ホルモンが分泌されています。この成長ホルモンが出ている間は、栄養の吸収が効率よくおこなわれ、筋肉の合成も進んでいるんです。

この成長ホルモンの分泌は運動後30分間とされ、「ゴールデンタイム」とも呼ばれているんですよ。食事をするなら、このゴールデンタイムの間がベストでしょう。

深夜はなるべく運動前に食べる

しかし、運動するのが夜遅くということなら、話は変わります。仕事終わりにジョギングをし、そのあとご飯となると24時を超える……というように、明らかに食べる時間が遅くなってしまう場合には、運動前に軽く食べるくらいがちょうどいいでしょう。

運動前にしっかりと食事をとると、腹痛などの不調などを引き起こしかねないので、あくまでも軽く食べるのが大切。そうすれば、夜中にたっぷり食べてしまうという事態を防げます。

食べ物や料理を選ぶポイント

運動後30分間のゴールデンタイムなら、なんでも食べていいというわけではありません。どんなものを食べるかというのも、運動の効果を高めるためには大切なことです。「運動したから大丈夫でしょ!」と、好きなものを好きなだけ食べるのは避けましょう。

たんぱく質、炭水化物、ミネラルに意識する

まずは、栄養素についてのお話です。もっとも有名なのが、言わずと知れた筋肉の主成分である"たんぱく質"。

そのほかにも、直接エネルギー源となる炭水化物(糖質)や、神経系の調子を整えるナトリウム・カルシウム・マグネシウムといったミネラル類などを、意識して摂取するようにしましょう。

吸収されやすい食品を選ぶ

運動後は、とにかくエネルギーや栄養素を欲しています。そのため、消化にいい食品をとることが大切です。白米やうどんなどは、消化がよく腹持ちもいいので、運動後の食事におすすめですよ。

【朝編】運動後の食事で食べたいもの

空気が澄んでいてすっきりと爽やかな朝は、ジョギングやウォーキングをしている方が多いですよね。起きてからすぐ動くのではなく、朝日を浴びて野菜ジュースなど軽いものを口にし、すこし落ち着いてから運動するようにしましょう。

バナナ&ヨーグルト

朝はあんまり食べられない……という方は、バナナとヨーグルトを食べましょう。ヨーグルトは高たんぱくのものを選ぶと、なお良しです。効率よく糖質とたんぱく質を摂取できる上に食べやすいので、運動後の食べ物にぴったりですね。

パン&目玉焼き

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう