どうせなら効果的に!運動した後に食べるとおすすめ食品まとめ

健康でいる為に、運動することはとても大切ですね。ジムやフィールドでたっぷりと汗を流した後、身体は空っぽの状態です。運動後、何を食べるのが効果的なのでしょうか。また、運動と食事の関係はどうなっているのでしょうか。

運動と食事の関係

健康のため、あるいはダイエットのために運動を欠かさない方も少なくないと思います。運動と食事は密接な関係にあると言われています。

では一体、運動後にどんな食べ物を摂るのが理想的なのでしょうか。早速見ていきましょう。

運動後、30〜60分以内に「快復食」を!

激しい運動をした後は、出来るだけ早く身体を「快復」させるための食べ物を食べましょう。運動をした後は身体の筋肉、関節、骨にストレスがかかり、栄養や体力を消耗します。

よって、運動後の食事はしっかり栄養を補給する必要があります。運動後、30〜60分以内に栄養価の高い食品を摂取しましょう。

使った体内の栄養を取り戻さず、次の運動をすると身体は疲労したままで怪我の原因にもつながってしまいます。では、どんな食べ物が運動後の食事として理想的なのでしょうか。

1. 卵

タンパク質と炭水化物が運動後の食事の鍵になります。卵は1個約90キロカロリーで、完全栄養食とも言われるほど、栄養バランスも良い食品です。

生卵は調理した卵に比べて利点はないそうです。実際は、調理した卵は生卵に比べてプロテインの吸収率が約2倍になるとか。

2. キヌア

炭水化物ではビタミンや栄養素を考えるとキヌアが最も優れていると言われています。キヌアはお米に比べ、タンパク質と繊維の含有量がはるかに多く調理法も簡単です。

3. オレンジジュース

ゲートレードのかわりにオレンジジュースを飲みましょう。ビタミンCだけでなく、カリウムも他のスポーツドリンクよりずっと多く含まれています。

カリウムは身体に水分を補給する重要な電解質だそうです。

4. バナナ

バナナは運動後に摂取できる良質な炭水化物を含みます。傷ついた筋肉を再生するグリコーゲンの体内量を元に戻すのに役に立つそうです。またカリウムを沢山含んでいます。

5. サーモン

サーモンは豊富なタンパク質だけでなく、不飽和脂肪酸の一種であるオメガ3脂肪酸を含み、筋肉の再生に役に立ってくれます。体内では作り出せない栄養素なので、食事からしっかり摂取する必要があります。

6. ブルーベリー

特集

SPECIAL CONTENTS