何分前なら食事はOK?運動前のおすすめ食材まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみてくださいね。

運動前の食事は脂肪燃焼効果を左右する !?

運動効果は、なにを食べるか、そもそも食べるべきかどうかなどの要素によって左右されることがあります。ダイエット中や筋力アップ中に、せっかく行った運動の効果が食事によって下がってしまったりしたら、もったいないですよね。

今回は、そんな方のために運動前に避けたいものや、おすすめな食材をご紹介します。

運動時に満腹・空腹は避けよう

満腹のままでの運動

経験したことがある人も多いと思いますが、満腹状態で運動してしまうと、消化不良で腹痛などの原因になります。食事後すぐに運動するのは避けましょう。

空腹のままでの運動

ランニングやサイクリングなどの激しい運動をするときには、空腹のままだと運動中のエネルギー循環や、筋肉の回復をスムーズに行いづらくなることがあります。

また、最低限の糖分を摂取しなければ、貧血になる恐れがあるので注意してください。

では一体、運動前にはどんなものを摂取したらよいのでしょうか。さっそくご紹介していきたいと思います。

時間別!運動前のおすすめ食材

運動する2時間以上前の食事

カロリーに気をつけながら、炭水化物やたんぱく質、ビタミンやミネラルなどのバランスがとれた食事を心がけましょう。

また、油を多く使った料理は、消化に時間がかかるため、胃の負担にもなります。揚げ物や炒め物などは極力避け、蒸す、煮るなどの油分が比較的少ない料理を摂取してください。

運動する1~2時間前の食事

炭水化物などの、比較的消化・吸収の早い糖質主体の軽食がおすすめです。具入りのおにぎりや、野菜が入ったサンドイッチ、腹8分目以下のそばやうどんがいいでしょう。油分や脂肪分が多い食事は避けましょう。

運動する30分~1時間前の食事

油分を使用していない糖質をメインに、腹3~4分目を目安に摂取しましょう。カロリーメイトやソイジョイなどの固形の栄養補助食品がおすすめです。

運動する30分前の食事

栄養価が高く消化吸収のよい果物や、ジュースなどがおすすめです。固形物は、運動までに消化が間に合わないので避けましょう

特におすすめなのは「バナナ」。バナナは炭水化物をすぐにエネルギーに変えてくれる効果と、カリウムによる筋肉の保持の効果が期待できる食材です。

朝食前に運動する人は、バナナを1本食べてからすることで、筋肉の強化と回復にとてもいい効果が期待できるでしょう。

運動する10分以内の食事

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tanukimaru

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう