ライター : taki

料理家

生チョコはアレンジが無限大!

生チョコとは、チョコレートに生クリームを加え、なめらかに仕上げるチョコレート。そのままでももちろんおいしいチョコレートスイーツですが、この記事では定番とは異なる味わいや、余った生チョコのアレンジレシピを14選ご紹介します。

定番とはひと味違う!生チョコのアレンジレシピ7選

1. 香り豊か。ミルクティー生チョコ

Photo by macaroni

ホワイトチョコレートと生クリーム、紅茶のティーバッグを使う生チョコ。香り豊かで大人のティータイムにおすすめです。見た目もふつうの生チョコと違い、白くておしゃれなのが特徴。電子レンジとボウルがあれば作れる簡単レシピです。

2. 生クリームいらず!豆腐の生チョコ

Photo by macaroni

生クリームの代わりに絹豆腐を使えば、生チョコのなめらかさを手軽に再現できます。ビターチョコレートとラム酒を組み合わせ、大人の味に仕上げましょう。冷蔵庫に生クリームがなくても、パパっと生チョコを作れる優秀レシピです。

3. 切り餅で作る。生チョコ大福

Photo by macaroni

生チョコを大福にアレンジするレシピです。作り方はいたって簡単。一見むずかしそうに見える皮の部分も、チョコレートと切り餅、牛乳などを電子レンジで加熱して、さっと混ぜるだけでできあがりますよ。ふつうの生チョコでは物足りないときに試してもらいたいレシピです。

4. ほろ苦さが絶妙。抹茶の生チョコ

抹茶と白ねりごまを使って作る、本格的な和風生チョコ。生クリームではなく無調整豆乳を使うので、コクはありつつも重くない、絶妙な味に仕上がります。砂糖の代わりにはちみつを使うことで、やさしい甘さになりますよ。罪悪感の少ない生チョコを作りたい方はぜひ!

5. 塩気がポイント。ホワイト生チョコ

ホワイトチョコレートと岩塩、粗挽き黒こしょうを掛け合わせる、大人好みの生チョコ。少しの塩気がチョコレートの甘さを際立たせます。粗挽き黒こしょうのピリリとした刺激もクセになる味。ワインのお供におすすめしたい、斬新なひと品です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ