ライター : saya

管理栄養士

食べることが大好きな管理栄養士です。大学卒業後はエステティックサロンで栄養指導をしていました。現在は施設で調理・栄養管理をしつつ、「健康においしい食」を多くの人に伝えるため…もっとみる

しめじはレンジで加熱できる?

しめじ100gはレンジ600Wで50秒もしくは、500Wで1分以上加熱すると火が通りますよ。使用するレンジで多少加熱時間に差がでることもあります。レンジから取り出したら、火が通っていることを必ず確認しましょう。

きのこの食中毒というと、毒きのこを誤って食べてしまうことが挙げられますが、食用のものでも生で食べるとお腹を壊すことがあります。火があまり通っていないようであれば、加熱時間を増やしてくださいね。(※1,2,3)

1. 材料は3つだけ。しめじのめんつゆ和え

しめじとめんつゆ、塩こしょうだけで完成する簡単レシピです。常備している調味料でできるのがうれしいですよね。もうひと品作りたいときにもサッとできます。レンジで加熱するとしめじから水気がでるので、軽く絞ることがポイントです。味が薄まらずおいしく食べられますよ。

2. お弁当に。きのこのおかかしょうゆ漬け

しめじとえのきだけ、しいたけ、まいたけの4種類のきのこで作るおかか漬けです。きのこをたっぷり使うので、しっかりと火を通すために加熱時間は長めに取ってくださいね。

冷蔵庫で4~5日保存でき、作り置きにもぴったりです。ごはんのお供にしたり、厚揚げにのせたりとさまざまな場面で重宝しますよ。

3. レンジで楽々。しめじのポン酢しょうゆマリネ

ポン酢しょうゆの酸味とピリ辛な赤唐辛子、マイルドなオリーブオイルの味わいがしめじにベストマッチ。辛味が苦手な方や小さなお子様がいるご家庭では、赤唐辛子は除いてもOKです。ムラなく加熱するために、レンジから途中で取り出して全体をよく混ぜましょう。

4. ハーブソルトで洋風に。きのこのレンジバター

洋食の献立に合わせたいしめじの簡単レシピです。ひと口食べれば、バターの香りが口いっぱいに広がりクセになること間違いなし。

ハーブソルトや白ワインも使うので、レンジに入れて3分で作ったとは思えないおしゃれな味わいになります。パセリをかければ、シンプルな見た目のしめじ料理も彩りがよくなりますよ。

5. 楽ちん。ほうれん草としめじのごま和え

忙しい朝にもすぐ作れ、食卓に彩りを加えてくれるほうれん草としめじのごま和えです。砂糖としょうゆを同じ量入れる甘めの味付けなので、箸休めにもぴったり。ほうれん草としめじはレンジ加熱後に水気をよく絞りましょう。こうすることで、味がぼやけずおいしく仕上がります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ