ライター : YURI

ソムリエ・チーズプロフェッショナル

資格:J.S.A.ソムリエ、C.P.A.認定チーズプロフェッショナル、食生活アドバイザー3級。『もっと楽しく、もっと気軽に、もっとおいしく!』をモットーに誰でもワインとチーズを気軽に楽し…もっとみる

粉チーズはなぜ常温保存がいいの?

粉チーズは、開封前はパラパラ・サラサラしていますよね。しかし、開封後に冷蔵庫で保存すると、固まってしまいます。これには、原因があるんです。

冷蔵庫の温度と常温だと、温度と湿度の差が大きくあります。その影響で、粉チーズが水分(湿気や結露など)を吸収してしまい、固まってしまうのです。

したがって、商品によりますが基本的には常温での保管をおすすめします。しかし、夏場は常温だと劣化が早まるため、冷蔵庫での保存がいいですよ。

常温で保存する場合の注意点と保存期間

常温保存をする場合は、温度や湿度が低く、日の当たらない場所での保管がおすすめ。また、常温保存できるといっても、粉チーズ本来の風味をしっかり楽しめる保存期間は、開封後は1ヶ月程度です。

保存料が入っている場合は、ある程度の期間はカビや雑菌などを防ぐことができますが、開封後は使用前にカビが生えていないか、香りに変化はないかなどを確認してから使いましょう。

また、保存料が入っていないナチュラルチーズタイプの粉チーズもあります。そのような商品は、ラベルに記載してある通りの保存方法をしてくださいね。

袋入り粉チーズの開封後の保存方法

袋入りの粉チーズは、ナチュラルチーズを粉砕しただけのものが多いです。保存料が入っていない場合があり、常温保存だとカビやダニなどが発生しやすくなってしまいます。なるべく冷蔵庫で保存し、早めに使い切りましょう。

量が多い場合は、使いやすい量を小分けにして冷凍保存をするのがおすすめです。

冷蔵庫で保存する際の注意点と保存期間

市販の容器のまま冷蔵庫で保存する場合は、あまり冷気が当たらず、温度や湿度変化の少ない場所に保管しましょう。温度差によって、結露や湿気を吸収してしまうことを避けてください。

冷蔵庫での保存期間は、開封後1ヶ月程度と考えましょう。1ヶ月程度なら、香りや味わいが飛ばず、おいしく食べることができますよ。

袋入りの粉チーズを冷蔵で保存する方法

袋入りの粉チーズも、上記と同様あまり冷気が当たらず、温度や湿度変化の少ない場所に保存しましょう。使いやすい量に小分けにして、真空袋に入れて保存しておくのもおすすめですよ。

固まった粉チーズの戻し方

固まってしまった粉チーズは、少し常温に置いておくとパラパラに戻ることがあります。しかし、20〜30分程度と少し時間がかかるので、すぐにパラパラにしたい場合は、蓋を開けてきれいなフォークやスプーンで、砕くと元の粉チーズに戻りますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ