3. 材料3つ!きゅうりの漬け物

「定番とはひと味違うアウトドアスパイスの使い方が知りたい」という方にぴったり♪ きゅうり・マキシマム・にんにくの3つで作れる簡単漬け物のレシピです。マキシマムにはガーリック粉末が入っているため、にんにくは入れずに作ってもおいしいですよ。お弁当に入れたりおつまみにしたりと、幅広いシーンで活躍します。

ITEM

中村食肉「マキシマム オリジナルスパイス」

¥540〜

内容量:140g

※2022年4月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2. 料理がおしゃれな味になる♪「ほりにし」

Photo by muccinpurin

内容量:100g、価格:842円(税込)

ほりにしとは?

「ほりにし」は、和歌山県にあるアウトドアショップのマネージャー堀西さんが考案したアウトドアスパイスです。キャンプ・料理好きの堀西さんが何度も試作を重ね、5年もの歳月をかけて作ったこだわりの逸品。アウトドアスパイスブームの火付け役とも言われるほど大人気の商品です。

Photo by muccinpurin

パッケージの原材料を見ると、食塩の次にガーリックが記載されています。つまりにんにくがたっぷり入っているということ!口に入れるとガツンとにんにくの風味を感じますよ。

また「ミルポアパウダー」が使用されているのも特徴的。ミルポアとは玉ねぎやセロリなどの香味野菜をワインで煮込んだもので、ほりにしを振りかけるだけで時間をかけて作ったような複雑な味わいを再現することができます。粒が大きめで、カリカリとした食感を楽しめるのも魅力です。

ほりにしはどんな料理に使える?

肉・魚・野菜どんな素材とも合いますが、特に洋食との相性が抜群。ミルポアパウダーの旨みが加わることで、イタリアンやフレンチがワンランク上の味わいに変化します。焼くだけで作れる簡単キャンプ飯のほか、アクアパッツァやパスタなどにもおすすめです。

ほりにし

  1. にんにくが効いた香り豊かなアウトドアスパイス
  2. ミルポアパウダーが入っており、洋食との相性が抜群
  3. 粒が大きめで、カリカリとした食感が楽しめる

3. SNSで話題!「黒瀬のスパイス」

Photo by muccinpurin

内容量:110g、価格:600円(税込)

黒瀬のスパイスとは?

福岡県の鶏専門店「かしわ屋くろせ」が販売する「黒瀬のスパイス」。鶏専門店が作るスパイスですが、鶏肉だけでなく牛・豚・魚・野菜とも相性抜群です。バーベキューのお供としてSNSを中心に話題となり、一躍有名に。ハーブとスパイスのバランスがよく使いやすいため、アウトドアスパイス初心者の方におすすめです。

Photo by muccinpurin

材料は塩・こしょう・しょうゆ・フライドガーリック・パセリ・オニオン粉末など。ハーブにはコリアンダーやバジルなどが使用されています。

蓋を開けると、バーベキューのような香ばしくスパイシーな香りがふわり。前で紹介した「ほりにし」と「黒瀬のスパイス」は味が似ていると言われますが、黒瀬のスパイスのほうがこしょうのピリッとした辛味が効いているのが特徴です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ