ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

これさえあれば味がキマる!おすすめアウトドアスパイス

アウトドアスパイスとは、塩や香辛料がバランスよくブレンドされた万能調味料のこと。肉や魚、野菜にまぶして焼くだけで本格キャンプ飯が作れると話題で、キャンパーたちから注目を集めています。アウトドアスパイスひとつで簡単に味が決まるため、家庭用調味料としても大活躍!本記事では、おすすめのアウトドアスパイス6選をご紹介します。

1. 簡単&手軽にプロの味!「マキシマム」

Photo by macaroni

内容量:140g、価格:540円(税込)

マキシマムとは?

ひと振りするだけでプロの味に仕上がる” と話題のスパイス「マキシマム」。宮崎県で肉の加工や販売をおこなうメーカー「中村食肉」が販売している調味料です。

もともと宮崎県以外ではあまり知られていませんでしたが、テレビや雑誌で紹介されてから全国的に広まり、今やキャンパーなら誰もが知るほど有名な王道のアウトドアスパイスに。肉屋考案とあって、肉料理との相性のよさはお墨付きです!
材料には塩・こしょう・しょうゆのほか、野菜粉末やカツオエキスも使用されています。またナツメグ・クミン・ローレル・唐辛子などのスパイス類もたっぷり。蓋を開けると、カレーを思わせるスパイシーな香りが広がります。塩こしょうがしっかりと効いていて、ほのかに甘みも。「これぞマキシマム!」と感じさせるガツンとパンチのある味わいです。

マキシマムはどんな料理に使える?

肉や魚にかけて食べるのはもちろんのこと、スープやチャーハン、揚げ物などさまざまな料理に活躍します。個性の強い味わいなので、白身魚のような淡泊な食材より、豚肉・牛肉・鶏肉のような素材自体の味が濃いものと合わせるのがおすすめ。少量でもしっかり味が付くので、味見をしながら加えてくださいね♪

マキシマム

  1. 個性が強くパンチのある味わい
  2. ナツメグやクミンが使用されており、カレーのようなスパイシー感がある
  3. 塩味が効いていて、1本でしっかりと味が決まる

マキシマムを使うおすすめレシピ

1. もんで焼くだけ。簡単チキンソテー

鶏肉にマキシマムをもみ込んで、片栗粉をまぶして焼くだけ!あっという間に完成するチキンソテーのレシピです。レシピでは鶏もも肉を使用していますが、むね肉で作ってもおいしいですよ。じゃがいもやきのこなどお好みの野菜を加えれば、食べごたえがさらにアップします。

2. スパイス香る。さばと野菜のアヒージョ

キャンプで大人気のメニュー「アヒージョ」。仕上げにマキシマムを加えると、ふわっとスパイスが香る奥深い味わいに仕上がります。入れる具材はえび、いか、ホタテなどお好みのものでOK。トースターで作れるので、おうちでキャンプ気分を楽しみたいときにもおすすめです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ