ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

新鮮な豆苗の選び方

Photo by 稲吉永恵

豆苗を長持ちさせたいなら、新鮮な豆苗を選ぶことが大切。豆苗は、芽が鮮やかな濃い緑色のものが新鮮です。茎は、しっかりしていてみずみずしいものを選びましょう。

スーパーには、根がついたものとカットしたものが販売されていますが、根がついたもののほうが日持ちします。根は育ち過ぎると硬くなるので、白っぽく弾力があるものがおすすめ。カットしたものなら、切り口が茶色に変色しているものを避け、新鮮なものを選んでくださいね。

豆苗の常温保存はNG!

豆苗は、常温保存に向いていません。根がついた豆苗は、パッケージの中でもゆるやかな成長を続けます。常温保存では成長が早まって育ちすぎてしまい、筋張って食感が悪くなるので注意が必要ですよ。

また、スーパーでは冷蔵ショーケースに陳列されていることもあり、常温で保存することで袋の中に水滴がつき、変色したり腐敗したりするおそれもあります。購入後は未開封のまま冷蔵庫に入れて保存してくださいね。

冷蔵保存方法と期間

Photo by 稲吉永恵

豆苗は、基本的には冷蔵保存しましょう。購入後、未開封のものはそのまま立てて保存します。使いかけの豆苗の鮮度を保つには、いくつかポイントがありますよ。カットした場合と根がついたままの場合と、あわせてチェックしてくださいね。

根をカットした豆苗を冷蔵保存する場合

Photo by 稲吉永恵

根を切り落とした豆苗を保存するなら、豆苗を保存容器に入れて、水をひたひたに注いでから密封し冷蔵庫へ入れます。保存期間は4〜5日ほど。水を2〜3日に1回取り替えるのがポイントです。乾燥を防ぐことと密閉することで、日持ちしますよ。

根がついたまま冷蔵保存する場合

Photo by 稲吉永恵

豆苗を購入して未開封のまま保存する場合は、冷蔵庫に立てた状態で保存しましょう。横置きにすると、豆苗同士が重なりあうため傷みやすく、茎が折れたりしなびたりしてしまいますよ。

豆苗は、根がついたままのほうが日持ちします。少しずつ使う場合は、根元を切らずに保存するのがおすすめ。また、根がついたままの豆苗は、冷蔵庫で保存する中でも成長を続けるので、徐々に水分が不足していきます。途中で根元に水を大さじ3〜4杯ほど加えると、より長持ちしますよ。1週間〜10日ほど保存可能です。

冷凍保存方法と期間

Photo by 稲吉永恵

豆苗は冷凍保存すれば、より長持ちさせることが可能です。根元からカットして水洗いし、しっかり水気を切って冷凍用ジッパー袋に入れましょう。空気を抜いてから封をすれば、冷凍庫で1ヶ月ほど保存できます。冷凍すると、どうしても豆苗特有のシャキシャキ食感がなくなるため、スープに入れたり卵とじにしたりして楽しむといいですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ