ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

心ゆくまでいちごを堪能!基本のいちごパイレシピ

Photo by 長曽我部 真未

調理時間:30分(※生地を休ませる時間と、焼き上げる時間を除く)

いちごがもっともおいしくなる季節が到来!そのまま食べるだけでなく、いろいろな方法でいちごを堪能したいですよね。そこで料理家の河井美歩さんに、手軽に作れるいちごパイのレシピを教わりました。

著書『秘密の型なしパイ』(主婦と生活社)で紹介されている基本の「いちごパイ」に加え、初お披露目のアレンジレシピをお届けします。

Photo by 宮本信義

料理家/河井美歩さん 大手料理教室を経て2009年に独立。料理教室や企業のレシピ開発、店舗プロデュースなどをおこなう。旬の果物や野菜を活かした、素材の味わいを引き出すレシピが得意。代表著書は『秘密の型なしパイ』(主婦と生活社)、『まるごとレモン』(家の光協会)など
「型なしパイはアメリカでよく作られる家庭料理のひとつ。生地の縁を折りたたんで成形するおしゃれな見た目で、ホームパーティにもぴったりです。

私の住んでいる茨城県には果物の農園が多くて、おすそ分けいただくたびに、この型なしパイを作っています。手軽なのでパーティーでお招きしたゲストと一緒に作って楽しむことも多いんです。

パイ生地には卵とバターを使わないので、卵や乳製品にアレルギーがある人でも食べられます。また、片栗粉を加えることでサクサクとした軽い食感に仕上がりますよ。いろいろな果物にも合いやすく、その懐の深さもお気に入り!」

まずご紹介するのは、いちごをふんだんに使う基本のレシピ。オーブンで加熱することで水分が飛び、ぐっと濃縮されたいちごの旨味をぜひ味わってみてください。

材料(直径18cm1個分)

Photo by 長曽我部 真未

〈パイ生地〉
a. 薄力粉……120g
a. 片栗粉……40g
a. アーモンドパウダー……40g
a. きび砂糖……30g
a. 塩……小さじ1/3杯
・グレープシードオイル……50g
・無調整豆乳……大さじ3杯+適量

〈フィリング〉
・いちご…… 300g
b. きび砂糖……大さじ2杯
b. レモン果汁……大さじ1杯
b. コーンスターチ……大さじ1杯

〈トッピング〉
・粉砂糖(溶けないもの)……適量

下準備

・オーブンを適当なタイミングで200℃に予熱する

作り方

1. パイ生地の材料を合わせる

Photo by 長曽我部 真未

ボウルに(a)を合わせてふるい入れ、泡立て器で混ぜます。

2. オイルを加えて切り混ぜる

Photo by 長曽我部 真未

グレープシードオイルを加えます。カードでこねないように切り混ぜて全体になじませます。

「オイルは無味無臭の油なら、どんなものでも大丈夫ですよ。私は太白ごま油や米油などを使うこともあります。

また、こねないのも大切なポイントのひとつ。粘り気が出て生地の食感が悪くなるので、必ず切り混ぜるようにしましょう」

3. 豆乳を入れてまとめる

Photo by 長曽我部 真未

豆乳大さじ3杯を回し入れて切り混ぜ、粉けがなくなったら手でまとめて丸く成形します。ラップで包み、冷蔵室で15分ほど休ませます。

「この段階でもこねないように注意してくださいね。生地がまとまらない場合は、豆乳を少しずつ足してみましょう」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ