【8位】赤坂のカレー名店が復活「フィッシュ 丸の内店」(3.7pt /158クチコミ)

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

かつて赤坂アークヒルズにあったカレー名店「FISH(フィッシュ)」。私がもっとも通ったカレー店のひとつでしたが、2017年に惜しまれながら閉店。その後、経営を引き継ぐ会社が現れ、新宿に復活し丸の内オアゾにも店を出しました。

コの字カウンターのみのコンパクトな店内はスッキリ洗練されており、女性ひとりでも入りやすい雰囲気です。

赤坂時代から、カレーの内容もアップデート。よりインド現地テイストが加わり、多彩な合いがけやトッピングが楽しめるようになりました。

3種コンボ(大辛チキンカレー&キーマ&MIX豆)

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

1,300円(税込)
昔からの人気定番カレーと言えばチキン、キーマ、白身魚。加えて新生「フィッシュ」では、インド風の豆カレーを合わせることも可能なんです。

辛いもの好きな私は、チキンを大辛に。具材の鶏肉が随分と立派で味がはっきりしているので、カレーを辛くしても旨味を堪能できます。キーマはなめらかな細挽きで、カルダモンがスッと香ります。豆カレーや副菜を混ぜ合わせての味変も楽しいですよ。

ちなみに、写真上側に見切れている緑の小皿は「青唐ディップ」。これ、言えば無料でつけてくれるんです。味変アイテムに活用してみてくださいね。

おすすめポイント

  1. 女性ひとりでも入りやすい雰囲気
  2. カレーのあいがけやトッピングが楽しめる
店舗情報

【7位】カツカレー発祥店が八重洲に「銀座スイス ヤエチカ店」(3.8pt /190クチコミ)

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

1947年創業、「カツカレー発祥の店」として名高い銀座の洋食店「スイス」。そんな不動の超老舗も「コロンビアエイト」と同じ、八重洲地下街「トウキョウ カレー カルテット」に出店しています!

カツカレー誕生のきっかけは以下の通り。「スイス」の常連だった元巨人軍の千葉茂選手がある日、「ポークカツレツとカレーをひとつの皿に一緒にして出してくれ。早く食べられるし、ボリュームもある」とオーダーしたんです。

そんなドラマティックな歴史に思いを馳せながら、まっさらなお店で元祖カツカレーを堪能しちゃいましょう。

ポーク+ビーフ ハーフ&ハーフ

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

1,800円(税込)
「スイス」が誇る「元祖カツカレー」のポークカツと牛ロース肉のカツを半々でのせた、ありそうでなかったカツカレーコンボ。

サクッと揚がった衣にラードのジューシーさが魅力のポークカツ、赤身のオトナな味わいが素敵なビーフカツ。いずれも「スイス」伝統のカレーとよく合います。

それもそのはず。このカレー、「カツに合うカレー」をテーマに、長きにわたり研究と研鑽を重ねてきたカレーなのですから。野菜の苦味と甘み、ブラックペッパーの辛さ、そしてカツの衣にもよく絡むひき肉。カツカレーの元祖は今なお、カツカレーのトップランカーなのです。

カツカレーサンド

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

1,800円(税込)
カツカレーを堪能し、「あぁ、もっと食べたいけどお腹いっぱい」と感じたなら、これをお土産に。カツカレーのカツと、カレーソースをトーストでサンドしたカツサンドです。

世にカツサンドは数あれど、元祖カツカレーを挟んだカツサンドは、もちろんここだけのプレミアム。ビーフカツサンド、ポークとビーフの盛り合わせも可能ですので、店頭で聞いてみてくださいね。

おすすめポイント

  1. カツカレー発祥のお店
  2. カツに合うようカレーにこだわっている
店舗情報

【6位】名店によるスパイスカレー「恋とスパイス 新宿中村屋 グランスタ東京店」(3.8pt /309クチコミ)

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

東京駅、八重洲側と丸の内側をつなぐ連絡通路にあるカレー店。実はここ、日本インドカレーのパイオニア「新宿中村屋」が手がけた、イマ風のスパイスカレー店なんです。

1927年(昭和2年)に日本で初めて “純印度式カリー” を提供した「新宿中村屋」の新たなる挑戦。これは見逃せません。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ