5. チキンライスを耐熱皿に入れ、卵液を流し込む

Photo by まいのおやつ(@mainooyatsu)

耐熱皿にチキンライスを入れ、平らにならします。

Photo by まいのおやつ(@mainooyatsu)

チキンライスの上に卵液を流し込みます。

6. トースターで焼く

Photo by まいのおやつ(@mainooyatsu)

トースターに耐熱皿を入れ、卵液が全体的に固まるまで、様子を見ながら4〜5分焼きます。焼きムラがある場合は、途中で皿の向きを変えてくださいね。

7. ソースをかける

Cを混ぜてソースを作り、オムライスの上にかけます。このとき卵の隙間からチキンライスが見えていたら、ソースでカバーしちゃいましょう。

お好みでパセリと粉チーズを振ればできあがりです。

オムライスの一歩上をいく進化系!

Photo by まいのおやつ(@mainooyatsu)

まるでグラタンやドリアのように見えますよね。 これまでのオムライスの概念を覆す見た目で、なんとも食欲をそそるルックス。

SNSでも「これ絶対おいしいやつ!」「見た目がおしゃれ♪」「この方法ならうまく作れる気がする」といった声が続々。

気になる味わいは…史上最高のオムライス!?

実際に作った人たちからは、「めちゃくちゃ美味!」「オムライスが得意料理になった」「フライパンを使わないから後片付けが楽」などの感想がたくさん寄せられています。なかには、「自分史上最高のオムライスができた!」という声も。

ちなみにまいのおやつさんいわく、チキンライスや卵液にチーズを混ぜると、また違う味わいが楽しめるそうですよ♪

包まなければ失敗しない!

子どもから大人まで、みんなが大好きなオムライス。「家族にリクエストされてよく作る」という方も多いのではないでしょうか?

とはいえ、卵でチキンライスを包むのは意外とむずかしいですよね。苦手に感じている方が、実はたくさんいるみたいです。

その点まいのおやつさんのレシピなら、包まないから失敗知らず。フライパンだとひとり分ずつ卵を焼く手間がかかりますが、そんな面倒も一切なしです。簡単でおいしくていいことずくめなので、試さない手はなしですよ♪
※本記事は@mainooyatsuさんのご協力のもと、株式会社トラストリッジが作成しています
おすすめの記事はこちら▼
Photos:5枚
包まないで作るオムライスのレシピが、白い紙にイラスト付きで記載されている
白い円形のグラタン皿に、チキンライスが敷き詰められている
白い円形のグラタン皿に、卵液がなみなみと入れられている
白いトースターの中に白いグラタン皿が2皿入れられており、加熱されている
白い円形のグラタン皿に入ったオムライスが、グレーのランチョンマットの上に置かれている
一覧でみる
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ