クレソンのカロリーや糖質量

クレソンの栄養について説明しましたが、カロリーや糖質量についても理解すると、毎日の食生活に活かすことができます。

クレソン1束(43g)のカロリーや糖質量

エネルギー量(カロリー)……6kcal
糖質量……0.0g(※1,9)

知っておきたい!クレソンとルッコラの栄養の違い

※画像はイメージです

見た目の違い

クレソンのように、料理やサラダに彩りを添えるルッコラ。どちらも同じアブラナ科なので、見分けるのが少しむずかしいですよね。クレソンは、やや丸みがある小さな葉をもち、茎がルッコラよりも太いのが特徴。ルッコラは、大根のようなギザギザの葉をもち、細長い形状をしていますよ。

栄養の違い

クレソンとルッコラはどちらも、カリウムやカルシウム、β-カロテン、ビタミンKなどを豊富に含んでいます。栄養素で大きく違う点は、クレソンは「モリブデン」を含有していますが、ルッコラにはありません。逆に、ルッコラは「マンガン」を含んでいますが、クレソンにはありません。

ミネラルであるモリブデン・マンガンは、身体にとって大切な栄養素のひとつです。モリブデンは、鉄やたんぱく質を代謝するのが主なはたらき。マンガンは、骨の形成をはじめ、さまざまな酵素反応に関わっています。(※1,10,11)

クレソンは毎日食べても問題ない?食べすぎの心配は?

さまざまな栄養素が豊富に含まれているクレソン。身体にとって良いはたらきをするのなら、積極的に食べたいですよね。クレソンは、基本的に毎日食べても特に問題ありません。ただし、妊娠中の方や疾患のある方は、かかりつけ医に食べても問題ないか相談するようにしてください。

また、クレソンだけでは栄養が偏るおそれがあるため、違う野菜も一緒に食べるようにしましょう。なるべく「主食・主菜・副菜」を組み合わせる、バランスの良い食事を心がけてくださいね。(※12)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ