4. カレー粉の香りが立ったら、だし、ちくわを加える

Photo by 合田和弘

カレーの良い香りが立ってきたら、だしを注ぎます。このタイミングでちくわも加えましょう。

「今回使ったのはかつおと昆布のだし。500ccのだしをとるのにかつおぶし1パック、昆布10cmを煮出しています。もちろん顆粒のだしの素でもいいですよ!」

5. しょうゆ、きび砂糖を加え、塩で味を調える

Photo by 合田和弘

つゆが煮立ったら、しょうゆ、きび砂糖を加えます、味を見て、少し強めに塩を加えて味を調えます。

「きび砂糖はコクがあって、やさしい甘さなのが気に入っています。香りもあっておすすめですよ!このあとうどんを加えるので、塩加減は気持ち強めに」

6. うどん、卵を加えて3分煮込む

Photo by 合田和弘

うどんを入れてほぐし、肉やちくわをバランスよく並べて、真ん中に卵を割り入れます。蓋をして弱火で3分煮込みます。

Photo by 合田和弘

仕上げに小ねぎ(そのほか薬味でもOK)を散らせば、できあがりです!

追いごはんの誘惑。具だくさんのカレーうどん

Photo by 合田和弘

シャキシャキ感が残りながらもしっかり甘みのある玉ねぎ、カレーに負けないおいしさの肉、魚介のうまみがあるちくわ、それぞれがしっかり仕事をして、味に深みを与えています。

「うどんを煮込むことでほんのりとろみがつくので、片栗粉なしで十分。ちくわの代わりに油揚げやかまぼこを入れてもいいですね。冷蔵庫にあるものでOKですが、だしが出るものにすると味に深みが加わります」と渡辺さん。

つゆを飲み干したくなる、深くやさしい味わい。ごはんを追加してかきこみたくなる“悪魔のカレーうどん”を、体感してみてください!

次回は、とろ〜り濃厚な「豆乳味噌煮込みうどん」を紹介

Photo by 合田和弘

次回は「豆乳味噌煮込みうどん」を紹介します。豆乳、味噌、すりごまのクリーミーなつゆで、うどんを煮込んでいきますよ。お楽しみに!

取材・文/古川あや
撮影/合田和弘
渡辺康啓さんに関する記事はこちら▼
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ