ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

今月のテーマはすぐにつまめる“肉系おつまみ”!

Photo by macaroni

ようやく人と会う機会を増やせそうな今日この頃。居酒屋で大騒ぎはできなくても、自宅や友人の家でおうち飲みをする機会は増えそうですね。そんなとき、おいしくて満足感のある、お肉を使ったおつまみがあれば、一層楽しい食事となりそうです。

そこで連載【調理家電でラク家事ごはん】の2021年12月では、電子レンジで手軽に作れる肉系おつまみのレシピをご紹介します。教えてくれたのは、電子レンジ料理研究家としてテレビ、書籍、Webなどで活躍しているタケムラ ダイさん。一見手間がかかりそうな料理もレンジで驚くほど簡単に作れて、その上おいしく仕上がります。

Photo by macaroni

電子レンジ料理研究家、冷凍食品マイスター/タケムラ ダイ 電子レンジ調理をメインに、さまざまな手法とアイデアで手軽&超簡単なレシピを考案。冷凍食品マニアでもあり、著書『レンジがあればなんでもできる!早ワザ・神ワザ・絶品レンチンごはん』(宝島社)ではお手軽な冷凍食品レシピも紹介している。メニュー開発、メディア出演など、活動は多岐に渡る

Photo by macaroni

調理時間:約25分

第1回は、ピーマンとパプリカを使った色鮮やかなひと皿、ふんわりと香るごま油の香りで食欲が増す「三彩ビビンバ」です。

「三彩ビビンバの味付けのポイントはウスターソースを使うことです。ウスターソースには野菜の旨みがたっぷり含まれているので、少し加えることで味に深みを出すことができますよ。お酒のおつまみとしてだけでなくご飯にも合うので、うちの子どもにも大人気の味付けです」

材料(2人分)

・牛こま肉……150g
・ピーマン……1個
・赤パプリカ……1/2個
・黄パプリカ……1/2個
a. ウスターソース……大さじ2杯
a. コチュジャン……大さじ2杯
a. オイスターソース……大さじ1杯
a. ごま油……大さじ1杯
a. 砂糖……大さじ1杯
a. 酒……大さじ1杯
a. にんにくチューブ……1cmほど
・白いりごま……大さじ1杯

作り方

1. 野菜を切り、食材の準備をする

Photo by macaroni

ピーマンと2種類のパプリカは、ヘタと種を取ってから縦5mm幅の薄切りにします。牛肉はほぐしておきます。

「ピーマンとパプリカをこのくらいの幅に切っておくと、火を通したあともシャキシャキとした食感が残ります」

Photo by macaroni

「牛肉は、くっついたまま加熱するとそのまま固まってしまうので、加熱前に軽くほぐしておきましょう」

2. 合わせ調味料を作る

Photo by macaroni

器に(a)の材料を入れ、合わせ調味料を作ります。

「野菜から水分が出るので濃いめの味付けにしています。オイスターソースを入れると料理にコクが出ますよ」

3. 食材と調味料を合わせる

Photo by macaroni

耐熱ボウルに1の野菜と肉を入れ、2の合わせ調味料を加えて揉み込んだら、ラップをかけて常温に15分ほど置き、味を馴染ませます。

「全体に均一に味が馴染むよう、揉み込んでください。常温に置いたほうが味が馴染みやすく、15分くらいなら食材が傷む心配もありません」

4. 電子レンジで加熱する

Photo by macaroni

ふんわりとラップをかけ、電子レンジ600Wで4分加熱します。

Photo by macaroni

一度取り出してかき混ぜ、さらにラップをして3分加熱して混ぜ、肉にしっかり火が通っていることを確認します。

「一度取り出して混ぜることで、食材にムラなく火を通せますよ。電子レンジの機種によって、同じワット数と時間でも火の通り方が違いますので、ご使用の機種に合わせて調整してください。

ちなみに、レンジ加熱後、容器にかけたラップを手前から取ると、蒸気でやけどをするおそれがあります。必ず奥側から、自分とは反対側に蒸気を逃がすようにして取ってください」

編集部のおすすめ