もうこぼしたくない!コーヒー・紅茶をスマートに運ぶコツ◎

コーヒーや紅茶を運ぶのって意外と難しいですよね?いつもこぼさないようにヒヤヒヤしながら慎重に運んでいる、という方も多いと思います。そこでここでは、カップからコーヒーや紅茶をこぼさずに、スマートに運ぶコツをご紹介します♫

コーヒーカップを運ぶのは難しい

コーヒーや紅茶をよく飲まれる方はわかると思いますが、カップに入ったコーヒーを運ぶのって意外と難しいですよね?

気を抜いて運ぶとすぐにこぼしてしまうので、ファミレスなどのドリンクバーや家で移動するときなど、いつもドキドキしながら慎重に運んでいます。

そこで、今後そのドキドキを少しでも減らせるように、コーヒーカップをスマートに運ぶコツをまとめてみました。

コーヒーをスマートに運ぶコツ

安定した位置で持つ

コーヒー・紅茶に限ったことではありませんが、安定した位置で持つことが重要なようです。

最も安定して持てる位置は腰のあたり。肘を曲げて、できるだけ体に近い位置で持ちましょう。ただ、腕を体にくっつけると、体の振動が直接カップに伝わって危険ですのでご注意を。

トレイに乗せる

最も安心なのがトレイに乗せる運び方。形によってはトレイと言ったりトレンチと言ったり、呼び方は様々ですが、これが一番安定して運べます。

このとき注意したいのが、トレイの両端を持つとむしろ安定しにくいということ。
カフェやレストランのウェイターさんを見ていると、トレイの中心を5本の指で支えているのがわかります。この持ち方が、傾いたときなどに最もバランスを取りやすいのです。

どうしても不安な場合は、この持ち方をした上で空いている方の手でトレイの縁を支えるとさらに安定しますよ。

カップとソーサーを分ける

運ぶときにソーサーの上にカップを乗せていると、滑りやすいためにどうしても安定しません。
 
そこで、運ぶときはソーサーとカップを分けて運び、運んでからソーサーの上にカップを乗せるようにしましょう。

その場で注ぐ

当たり前のことですが、飲む場所で注げばこぼしません。

自宅などでは、できるだけ飲む場所で注ぐようにしましょう。

落ち着くことが大事

いかがでしたか?

他にも、カップいっぱいに注がない、とか、ゆっくり落ち着いて歩く、とか、当たり前だと思っているようなことに注意することも大事です。

コーヒーのシミは一度付着するとかなり落ちにくいので、できるだけこぼさないように注意して運びましょう!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tanukimaru

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう