ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

シャキシャキ食感が楽しい。ホタテと長芋の塩レモンピラフ

Photo by macaroni

料理家の河井美歩さんに、炊飯器を使って手軽に作れる秋ピラフのレシピを教えてもらう連載企画。炊飯器にまかせれば、ごちそう感のあるピラフを手間なく作れちゃいますよ。忙しい日の食事にもぴったりです♪

Photo by macaroni

料理家/河井美歩さん 大手料理教室で10年間勤務したのち、2009年に独立。つくばと神楽坂を拠点に料理教室、企業のレシピ開発などをおこなう。イタリアやベトナムの滞在経験もあり、海外の料理を作りやすいようアレンジするのも得意。著書に『まるごとレモン』(家の光協会)、『秘密の型なしパイ』(主婦と生活社)など
3品目のレシピは「ホタテと長芋の塩レモンピラフ」です。著書『まるごとレモン』(家の光協会)でレモンを使った斬新なレシピをいくつも紹介している河井さん。今回も皮から果汁までを活用して、旬のレモンを残さず使えるレシピです。

Photo by macaroni

調理時間:10分(米の水切りや炊飯の時間、塩レモンの漬け時間などを除く)

「イメージしたのは和食屋さんで食べるような上品なピラフ。レモンのさっぱりとした酸味が爽やかで、特に女性が好きそうな味わいになっています。

今はちょうど国産レモンが旬の時期、手に入れたらぜひ丸ごと使ってみてほしいです。皮も果肉と一緒に細かく刻めば火が通りやすくなりますし、食感も気になりませんよ。今回は下ごしらえで塩レモンを作りますが、何日も漬ける必要はなし!短時間でもレモンの清々しい香りと深みのある旨味を引き出せるので、ぜひ試してみてくださいね。

さらに、同じく秋が旬の長芋を入れて、食感にもアクセントを。一緒に炊き込むのではなくあとから加えることで、シャキシャキとした食感を楽しめます。スタミナ食材である長芋、高タンパク質で低カロリーなホタテを使うので、ヘルシーだけど元気の出るメニューです」

仕上げに三つ葉を混ぜ込めば、見た目も美しいピラフに!栄養たっぷりのひと皿は、自分自身や家族の健康維持にも役立ちそうです。

材料(2人分)

Photo by macaroni

分量はおおよそです
・米……2合
・レモン……1/2個
・ホタテ(ほぐし身)……1缶
・長芋……150g 
・三つ葉……適量
・塩……小さじ2/3杯
・酒……大さじ1杯
・オリーブオイル……大さじ1杯
・こしょう……適量

下準備

・米を洗ったらザルにあげ、水を切って30分ほどおく(古米の場合は30分ほど浸水させてから水を切り、30分おく)

・レモンは1/4個分を米粒の1/3程度まで細かくみじん切りにして、塩を混ぜ合わせて30分おく。残りのレモンは果汁を絞り、皮をすりおろしておく

・長芋は1cm角に、三つ葉は細かく刻んでおく

作り方

1. 炊飯器に材料を入れる

Photo by macaroni

水(分量外)、酒、レモン果汁、ホタテ缶の汁を合わせて360ccになるように調整します。

Photo by macaroni

合わせた調味液とホタテの身、塩レモン、こしょうを炊飯器の内釜に入れ、しっかりと混ぜます。

Photo by macaroni

表面を平らにならしたら、オリーブオイルを入れて炊飯します。

「オリーブオイルが米の表面をコーティングしてくれるので、パラっとした炊きあがりになります。よりピラフっぽい仕上がりにしたいときは、このひと手間を加えてみてくださいね」

2. 長芋を加える

Photo by macaroni

炊きあがったら刻んだ長芋を加え、5分ほど蒸らします。

「長芋を入れて蒸らせば、食感を残しつつ、余熱で温めることができます。後ほど三つ葉を加えてかき混ぜるので、この段階では上にのせるだけで十分です」

3. 三つ葉を入れてかき混ぜる

Photo by macaroni

三つ葉を加えて、やさしくかき混ぜ合わせたら器に盛り付けます。

編集部のおすすめ