ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

旬のごぼうを洋風アレンジ!ごぼうとベーコンの炊き込みピラフ

Photo by macaroni

連載【調理家電でラク家事ごはん】2021年10月の炊飯器を使った新米ピラフも、いよいよ4品目!引き続き、料理家の河井美歩さんに、新米のおいしさを味わえる特製レシピを教えていただきました。

Photo by macaroni

料理家/河井美歩さん 大手料理教室で10年間勤務したのち、2009年に独立。つくばと神楽坂を拠点に料理教室、企業のレシピ開発などをおこなう。イタリアやベトナムの滞在経験もあり、海外の料理を作りやすいようアレンジするのも得意。著書に『まるごとレモン』(家の光協会)、『秘密の型なしパイ』(主婦と生活社)など
今回のレシピは「ごぼうとベーコンの炊き込みピラフ」です。炒めて作ると手間のかかるピラフも、炊飯器を使えば驚くほど簡単に、しかもおいしく仕上がります。切った材料を内釜に入れて炊飯するだけなので、準備時間はたったの10分!パパっと作れるのもうれしいところですね。

Photo by macaroni

調理時間:10分(米の水切りや炊飯の時間を除く)

「秋が旬のごぼうをたっぷり使うレシピです。食物繊維が豊富なごぼうは健康のためにも積極的に食べたいですが、風味が強い分、使いにくいと感じている人が多いと聞きます。しかもレシピがワンパターンになりがちで、なかなか使い切れない食材のひとつでもありますね。私も料理教室で生徒さんから『ごぼうってどうやって食べていますか?』とよく聞かれます。

今回はそんなごぼうをバターやベーコンと合わせて、洋風にアレンジしてみました。炊飯器に入れて炊くだけなので、ごぼうを煮込む手間もなくとっても手軽です!私もごぼうが余ったときにこのレシピをよく活用しています。

さらにベーコンの出汁がきくので、塩や醤油などの簡単な調味料で味付けが完了するのもよいところ。コンソメを使わないピラフのレシピを探していた人はぜひ試してみてくださいね」

ごぼうが入った栄養満点のピラフは、子どもの食事にもぴったりですね。よりピラフらしく仕上げる、バターの活用術にも注目してみてください♪

材料(2人分)

Photo by macaroni

分量はおおよそです
・米……2合
・ごぼう……1本
・ベーコン……80g
・玉ねぎ……1/4個
・パセリ……適量
・温泉卵……2個(1皿に1個)
・バター(食塩不使用)……10g
a. 塩……小さじ1/2杯
a. しょうゆ……小さじ1杯
a. こしょう……適量
a. 水……355cc

下準備

・米を洗ったらザルにあげ、水を切って30分ほどおく(古米の場合は30分ほど浸水させてから水を切り、30分おく)

・ごぼうはささがきにし、5分ほど水にさらして、しっかり水を切っておく

・玉ねぎはみじん切りにしておく

・ベーコンは1cm幅に切っておく

・パセリは葉をみじん切りにしておく

作り方

1. 炊飯器に調味料を入れる

Photo by macaroni

炊飯器に(a)を入れて、しっかり混ぜます。

2. 内釜に材料を入れる

Photo by macaroni

表面を平らにしたら、炊飯器の内釜にみじん切りにした玉ねぎ、ささがきにしたごぼう、ベーコンを入れ、炊飯します。

「材料を入れるときは、はじめに玉ねぎとごぼう、最後にベーコンの順番がおすすめです。ベーコンを上にすることで、その旨味や塩気が下にある米や材料にしっかり染みわたります」

3. バターを加える

Photo by macaroni

炊きあがったらバターを入れて、全体をよく混ぜ合わせます。

「バターを入れると、お米がツヤツヤになってピラフっぽい仕上がりになります。さらに炊飯後に入れることで、バターの風味や香りがしっかり活きて、よりおいしさが増しますよ」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ